ハワイの四大神のなかでも、とりわけミステリアスな印象のあるKanaloaをとりあげてみました。

http://napuaokualii.com/%e5%8f%a4%e4%bb%a3%e3%83%8f%e3%83%af%e3%82%a4%e3%81%ae%e7%a5%9e%e8%a9%b1%e3%81%a8%e4%bc%9d%e8%aa%ac-%e7%ac%ac4%e5%9b%9e/

スポンサーサイト
Makakilo







 私が大切に思うMakakiloの家。
 それはそれは、素敵なまちにあるのよ。

 大切に思うとある家のある風景を、祝福とともに歌い上げているような雰囲気を感じる『Makakilo』。Makakiloは、O’ahu島の南東部、島の西側に南北に連なるWaianae山脈の、南の尾根のふもとに位置するまち。そこにある「私の大切な家」(ku’u home)が思い入れたっぷりに歌われていて、わが家への思いが語られているのかと思いきや、なんでも作者がお世話になったファミリーへのプレゼントとして作られた楽曲なんだといいます。

 その(家族の)名は、Barbers Pointではみな知っていて、
 船乗りたちをいつも温かく迎えてくれるような家なの。

 Barbers Pointは、O’ahu島の南東の端、Makakiloのまちからは徒歩圏内にあり、海浜公園もあるような海辺に位置します。そしてここでは、作者が大切に思うMakakiloの家が、「船乗りたち」(ka sela moku)をいつも迎え入れてくれるような、ホスピタリティあふれるところ(home ho’okipa mau ia)であると歌われます。また、Barbers Pointといえば、地域のランドマークともいえる灯台があることでも知られるところ。遠く海を越えてやって来る船乗りたちにとっては、旅の終わりを告げるホットスポットでもあるその風景が重ね合わされて、Makakiloに暮らす家族の温かい心根も伝わってくるように感じられます。

 Makakiloのことを思う気持ちがよみがえってくる。
 いつも訪れるひとを迎えてくれるあの家のことを……。

 この歌の作者Ho*ku*lani Meatogaは、1960年代に活躍したミュージシャン。Kaua’i島のひとですが、脊髄の手術を受けるためにO’ahu島にやってきて、6カ月間、身動きができない状態で、Honolu*lu*で療養していたようです。そのときに、なにかと彼女を助けてくれたのが、Makakiloのまちに住むKekoaファミリーで、その女主人、Caroline Kekoaにプレゼントされたのがこの歌だといいます。いかにもミュージシャンって感じですが、そんなふうに感謝の気持ちを歌に込めて贈るのは、伝統的なハワイアンスタイルでもあるようです。

 あの(家のある)美しい風景はどこにあるのかというと、
 そう、山手の美しさとともにあるのよね。

 この熱い思いが伝わったでしょうか。
 Makakilo(のファミリー)に感謝する思いがよみがえってくるわ……。

 ふと振り返ると目に入ってくる美しい光景といえば、山を背にして広がるMakakiloのまちと、そこに暮らすKekoaファミリーの家……おそらく、Waianae山脈のことだと思われるその山に抱かれ、おだやかさと美しさをたたえたその空間は、住み慣れないまちで、しかも体の自由もきかず沈みがちだったであろうHo*ku*laniの気持ちに、ポッと灯りをともしてくれるような存在だったのではないかと思われます。そうして、彼女にとっては、どれほど感謝してもしきれないKekoaファミリーの温かい心遣いと、生涯忘れられないものになったMakakiloのまち。個人の記憶を越えて、物語られる風景の空気感が聴くひとの心にもじんわり伝わってくる、そんなハートフルな一曲でした。

by Ho*ku*lani Meatoga

ハワイの4大神のなかでもとりわけビッグな神さま、Ka*neのことを書いてみました。

http://napuaokualii.com/%e5%8f%a4%e4%bb%a3%e3%81%ae%e3%83%8f%e3%83%af%e3%82%a4%e3%81%ae%e7%a5%9e%e8%a9%b1%e3%81%a8%e4%bc%9d%e8%aa%ac-%e7%ac%ac3%e5%9b%9e/

『ハワイ語のmeleを読む会』のご案内です。

10月13日(金)、たかうち珈琲(新大阪)
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270301/27001979/dtlmap/
19時くらいから21時まで。

参加費:コピー代のみ(飲み物などのお店へのオーダーは、各自お願いします)。

課題曲:Hanalei I Ka Pilimoe(Kalani Pe’a)

参加ご希望の方は、hiroesogo@gmail.comまでご連絡ください(人数把握のため)。

ご参加お待ちしております。

Ka*ne’ohe







 その美しさがたまらなく好きさ。
 もやが現れて雨になり、
 やがて山手のほうに霧雨が降る(あの光景)。
 誇らしいKaneoheのまち、僕のふるさと。

 飾り気のないメロディラインが、そのまちの素朴な美しさをそのまま表現しているような印象の『Ka*ne’ohe』。スタイリッシュなアレンジともあいまって、ドライブしながら窓越しに流れる風景をながめているような感じもありますが、歌詞には「白い靄が現れて雨になり」(ke noe mai a ka ua)、「山手に霧雨を降らせる」(kilihune mai la i uka)とあって、まちが背にするKo’olau山脈を見晴らしながら歌われていることがわかります。
Ka*ne’oheは、Oa’hu島の東側、Honolu*lu*からKo’olau山脈を越えるカーブの多い道を抜けたあたりの、海沿いに位置する閑静な田舎まち。水蒸気をたっぷり含んだ海風のおかげで、ふんわりと雲をいただいていることが多いKo’olauの峰々は、なによりKa*ne’oheそのものといってもいい表情で、そこを訪れるひとをいつも変わらず迎えてくれます。

 月明かりがまちに降り注ぐ。
 この上ない穏やかさをたたえて。
 感動的な美しさのなかに良きものが満ちているというか……。
 誇らしいKa*ne’oheのまち、僕のふるさと。

 「月の光が降りそそぐ」(hulali ka mahina)……といっても、どこにでもありそうですが、実は、いまや日本の都市部では体験できなかったりするこの光景。しかも、その「穏やかさが半端ない」(hemolele i ka ma*lie)わけですから、同じOa’hu島でも、ホテルや商業施設が立ち並ぶWaiki*ki*にはもはやない、静けさのなかでなにかを感じさせる、Ka*ne’oheならではの夜が語られているのではないかと思われます。しかも、そのまちに暮らすひとにとって、「驚くべきよさに満ちている」(piha pono i ka nani kamaha’o)なんて、よほど居心地のいいまちなんだろうなぁって感じですね。

 山の峰々のあの存在感。
 ふんわりと香しさが訪れて(こころ奪われる)。
 そして、見るたびにいつもいいなぁと思う。
 誇らしいKa*ne’oheのまち、僕のふるさと。

 「山の峰々が(そこに)現れている」(ahuwale na* kualono)……Ko’olauの山々といえば、垂直にそそり立つような壁状の、しかも鋭角に波打つその山肌が特徴的で、ひとたび目にするとたちまち記憶に刻まれる圧倒的な存在感があります。それを見るたびに「あぁ、やっぱりKo’olauっていいなぁ」と思う地元のひとの感覚は、ずっと生活をともにしてきた家族、あるいは自分をいつも見守ってくれている親や祖父母、もしかすると、遠い祖先たちにまで思いを馳せるような気持に近かったりするのかもしれません。そんなことを思いめぐらせながら、親密さと尊敬の念が一体になったような気持ちが、「hanohano o Ka*ne’ohe」のひとことに込められているような気がしてきた『Ka*ne’ohe』。ふるさとを誇らしく思う若い世代の感覚が、さらっと表現されている一曲でした。

by Josh Tatofi