FC2ブログ
He Nani Mokihana






https://www.youtube.com/watch?v=RbksdxA8Nwo


 Mokihanaは美しい、それこそ私が愛してやまない花。
 そのかぐわしさは、ふんわりと風にただようもの。

 He nani mokihana, aloha wau ia* ʻoe,
 ʻAʻala onaona, he moani nei.

 山手を吹き抜ける風に運ばれる香り(にその気配を感じる)。
 Mokihanaは、小さな葉のmaileとともに編まれる(姿がとびきり美しい)。

 He moani ke ʻala i ke kuahiwi,
 Wili ʻia me ka maile, maile lau liʻiliʻi.

 なにするともなく流れる雲を目で追いながら、心もからだもときはなたれていく……そんな、なんとも幸せなHawai’iの昼下がりを思わせる『He Nani Mokihana』。「愛してやまない」(aloha wau ia* ʻoe)とされ、その美しさがたたえられるmokihana*は、小さく香りのよい緑の実をつけることで知られる、Kaua’i島の固有種。島のシンボルとして語られることも多くmeleにもよく登場しますが、吹き抜ける風にその香りを感じ(he moani ke ʻala i ke kuahiwi)、maileの葉とともに編まれたleiの可憐さにひたっているような雰囲気から、作者の並々ならぬmokihana愛が伝わってくるように思われます。

 (Mokihanaの)小さな実は、この胸を飾るもの(のように誇らしく思える)。
 Waiʻaleʻale山に降る雨にこの上なく守られて。

 Hua liʻiliʻi, wehi ana i ka poli,
 Kilipohe i ka ua o Waiʻaleʻale.

 すてきだなぁ……と、つい見入ってしまう。
 それは名高い花のlei、まさしくKauaʻi島のシンボル。

 Ha*ʻale i kuʻu maka, ke ʻike aku,
 Ka lei kaulana, moku o Kauaʻi.

 「小さなmokihanaの実を胸元に飾っていると」(hua liʻiliʻi wehi ana i ka poli)、もうその美しさだけが迫って見えてくる……直訳すると「まなざしからあふれんばかりに(mokihanaを見てしまう)」(ha*ʻale i kuʻu maka, ke ʻike aku)と語られる部分は、mokihanaを目にすると自ずとこみ上げてくる、なにかとても大切な思いがあることを予感させます。Mokihanaを身につけて、あるいは身につけているような親密さを感じながら歌われるこの箇所は、なによりmokihanaだけがクローズアップされて迫ってくるところがありますが、同時にその存在は、作者にとって、Kauaʻi島と分かちがたくイメージされるlei(ka lei kaulana, moku o Kauaʻi)でもあるとされます。おそらく、目を閉じてその香りを楽しむとき、作者の意識は、Kauaʻi島をまるごと感じるくらい果てしなく、どこまでも広がっていくのではないか……そのあたりを一番感じさせるのは、島の中央にそびえるWaiʻaleʻale山が登場するくだり。そう、Kauaʻi島に住まうすべての命は、みなひとしくその水源から生を受けており、その象徴が、「Waiʻaleʻale山に降る雨にこの上なく守られた(mokihana)」(kilipohe i ka ua o Waiʻaleʻale)にほかならないんですね**。

 Mokihanaの美しさは伝わったでしょうか。
 そのかぐわしさが、ふんわりと(あなたのもとに)届きますように。

 Puana ia mele, he nani mokihana,
 ʻAʻala onaona, he moani nei.

 Mokihanaのleiの美しさやそのかぐわしさから、そこに象徴されるなにか大きな存在に思いをはせているような、途方もない広がりを感じさせる『He Nani Mokihana』。MokihanaといえばKauaʻi島という以上でも以下でもない素朴な語りのなかに、記号化する思考では捉えられない、ホンモノのHawai’iが語られているような気がしています。

by H. Chinky Ma*hoe

*:Mokihanaの実は、青梅に似た色の小さめのビー玉大で、香りはaniseed(アニス、香辛料の一種)に近い、八角にも似た強い芳香を放ちます。
**:Waiʻaleʻale山の山頂は、水の循環と結びついたKa*neを奉るべく、古代にハワイのひとびとが訪れた聖地でもあります。

参考文献
1)Joesting E: Kauai-The Separate Kingdom. Honolulu, University of Hawaii Press, 1988, pp1-5

スポンサーサイト
3月22日(金)開催予定の「Meleで学ぶハワイ語講座」の課題曲等をアップしました。

http://hiroesogo.blog.fc2.com/blog-entry-578.html
Ku'u Leo Aloha




https://www.youtube.com/watch?v=B2w4kfjawy4


 熱い思いがふいによみがえってきたんだ。
 きのうの夜の、きみの素敵な姿のせいかな。
 (きみを思う)こころのゆらぎが押し寄せてきて、
 まるで永遠に続く波のよう(に切なくて)……。

 'Upu a'e nei ka hali'a aloha
 I kou nani i ka po* nei
 Ahuwale ka ha'alewa e
 Me ke kai e holu mau ana

 ぼくの深い思いを込めた声(のメッセージ)が、
 (あなたの気持ちを)ふるわせて、
 (双方の)思いをしっかり結びつけますように。

 E naue mai i ku'u leo aloha
 Ke aloha e pili mau ai

 目を閉じるたびに思い起こされるいとしいひとの面影が、しなやかなメロディラインとともに浮かんでは消えていく……そんなひそやかな気配を感じさせる『Ku'u Leo Aloha』。深くなにかに思い至るような思い(ka hali'a aloha)が不意にわきあがってきた('upu a'e nei)のは、「昨晩のきみの美しい姿のせい」(i kou nani i ka po* nei)だとされ、誰かにこころ奪われた直後の、なんだか落ち着かない気分を思わせます。その一方で、この歌の飾り気のない感じはおだやかさそのもので、「まるで寄せては返す波のよう」(me ke kai e holu mau ana)に繰り返し込み上げてくる思いを、自らへの祝福として粛々と受け止めているような雰囲気もあります。
繰り返しの部分に含まれる「e naue mai」のフレーズには、振動かなにかがこちらに伝わってくる感じがありますが、「ぼくの思いを込めた声のメッセージによって」(i ku'u leo aloha)と続くことから、私ではなく、あなたの立場から語られていると考えて、「あなたの心に響きますように」と訳してみました。この繰り返しの部分で表現されている内容については、後半のフラダンサーが描写されるあたりの情景を思い浮かべることで、その具体的なところがより具体的にイメージできるように思われます。

 きみはターンしたりしながら、じっとこちらを見つめてたよね。
 そのチャーミングな瞳で。
 (そう、僕の)ハートをぐいぐい引きつけながら。
 それでもう、きみの(パフォーマンスの)すばらしさに、ただただ圧倒されてしまったっていうか……。

 Huli no* 'oe a kilohi mai la*
 Me kou mau maka onaona
 E ho'oni nei i ka pu'uwai
 'Ilihia wale au i kou nani

 「くるっと回って」(huli)、「魅力的なまなざしでもって」(me kou mau maka onaona)、「じっと見つめる」(kilohi)ダンサーのまなざしにとらえられ、すっかり圧倒されてしまった('ilihia)……こうして、ダンサーの表現のすばらしさに圧倒されるミュージシャン側からの思いが語られていますが、実際の現場では二つの視線が出合っているはずで、ダンサー側もミュージシャンの歌や演奏から少なからぬ影響を受けているはず。そして、このあたりのダンサーとミュージシャンが影響し合う関係性のありかたが表現されていると思われるのが、「e naue mai」で始まる繰り返しの部分です。双方がお互いに思いをかき立てられ、「思いをひとつにして」(ke aloha e pili mau ai)ひとつのステージを創り上げていく、そんなパフォーマンスのダイナミズムや緊張感が表現されているわけですね。

 ぼくの深い思いを込めた声(のメッセージ)が、
 (あなたの気持ちを)ふるわせて、
 (双方の)思いをしっかり結びつけますように。

 E naue mai i ku'u leo aloha
 Ke aloha e pili mau ai

 (双方の)思いをしっかり結びつけますように。
 二つの思いをずっと結びつけること(が大切なのだから)。

 Ke aloha e pili mau ai
 Ke aloha e pili mau ana

 「ぼくはあなたの美しさにただただ圧倒された」('iihia wale au i kou nani)……多くのダンサーはそんなふうにいってもらえるパフォーマンスをめざし、ミュージシャンはそれに応えられるよう心を尽くすわけですが、踊り手とミュージシャンがそれぞれにすぐれていればOKというのではなく、両者がお互いに心を寄せ合い感じるなかで、なにかが化学反応のように創造される……そんな表現の現場のリアルについて、あらためて考えさせられた『Ku'u Leo Aloha』。魂が込められた本物のステージは、恋人たちにも匹敵するほどの熱いまなざしが交わされてこそ、生み出されるものなのかもしれません。

by Josh Tatofi

山肌を這うように育つ雲や、突然の雨のあとに輝く虹……そんな、水をめぐるハワイの日常を思いながら書いてみた『ハワイ語のはなし』です。

https://archives.mag2.com/0001252276/20190221175933000.html

Ki*hei





https://www.youtube.com/watch?v=qZxh7bpKvU4


 名高いあの土地のことを思い起こしている。
 Ki*heiの美しい風景を。
 温かい気持ちで迎えられたようなすばらしさ。
 Ki*heiの心地よさに(包まれたら最高さ)。

 Kaulana mai nei e* kou inoa la*
 Ka nani a’o Ki*hei
 Ka nani ho’okipa me ke aloha la*
 I ka ‘olu a’o Ki*hei

 忘れがたく記憶にとどめられた旅の風景が、その道中のはずむ気分のままに歌われているような、晴れやかな印象がある『Ki*hei』。素朴でかざらない雰囲気に思わず引き込まれてしまいますが、「温かい気持ちで迎えられ」(ho’okipa me ke aloha)、「心地よさに包まれた」(i ka ‘olu)と描写されるその土地のすばらしさが、その場の臨場感とともに語られていきます。

 さぁ、私はいまここにいる。
 Ki*heiの美しさ(を目の前にして)。
 そう、あのKi*heiが視界に広がる場所だよ。
 Waiakoaも見渡せたりしてね。

 Eia au ke noho aku nei la*
 Ka nani a’o Ki*hei
 Ma Ki*hei aku nei no* au la*
 ‘Ike ‘ia a’o Waiakoa

 ヒョウタンのような形をしたMaui島の、ちょうど南側のくびれに位置するKi*heiは、Ulupalakuaから北向きにまっすぐ18キロメートルにわたって続く海岸線が、Ma*’alaea湾方向に弧を描きはじめるあたりにあるまち。標高約3千メートル超のHaleakala*の頂上から、南西方向に連なる尾根を背にする地域ですが、海沿いのKi*heiに至るまで、同じ尾根を背にする南側の急斜面とは対照的な、比較的ゆるやかなスロープが続いています。年間降雨量が30センチメートルにも満たず、しかも雨期の11月から4月に限られるという乾いた土地で、その分、太陽の日差しに恵まれていたりする自然環境も、この歌の明るく曇りのない感じにあらわれているのかもしれません。
 このバースでは、「さぁ、私は(Ki*heiに)いる」(eia au)という勢いのある表現に続き、視界の広がりを感じさせる「aku nei la*」が繰り返されています。このあとに続くWaiakoaという地名が、海沿いに位置するKi*heiから山側に続く谷沿いの地域であることから考えると、作者の視線は海から山に至る空間の広がりに向かっているものと思われます**。

 その美しい場所の心地よさにうっとりしている。
 Ki*heiのあまりの美しさにね。
 海辺にいると聞こえてくる波のささやき(もステキ)。
 (それも)Ki*heiのすばらしさかな。

 Nanea i ka ‘olu a’o ia kaha la*
 Ka nani a’o Ki*hei
 Ke kai nehe mai i ka ‘ae one la*
 Ka nani a’o Ki*hei

 前のバースでは山側の景色を見わたしたときの感動が語られていましたが、ここでは同じ「Ki*heiの美しさ」(ka nani a’o Ki*hei)が、「ささやくような波のささやき」(ke kai nehe mai)のなかに捉えられています。ここでは語られていませんが、南西方向に開かれた海沿いにあるKi*heiは、遠く海側に目をやると、La*na’i島やKaho’olawe島が見えるロケーションにあります。それほど近くに位置するこれらの島々は、かつて海水面が今より低かった時代には、なんとMaui島と地続きだったんだとか。逆に海水面が高かった時代のKi*heiは海底に沈んでいたようで、標高15メートルのあたりにまでみられる海洋堆積物が、当時の状況を物語っています。そんな、人間の物差しをはるかに超えた時間の流れを思いながら、Ki*heiの地で体感されるMaui島は、地図で俯瞰するそれとはかなり印象が異なるのではないか……なんてことを想像したりします。

 心を込めて、もう一度感じとってみて。
 Ki*heiの美しさに心動かされたこの思いを。
 (土地の)ひとびとがそこで魚を釣っていたりして。
 (そんな)島の暮らしがそこにあるんだ。

 Ha’ina ka puana me ke aloha la*
 Ka nani a’o Ki*hei
 Na* ka*naka la* e lawai’a ana la*
 Eia ke loa’a mai

 さぁ、もう一度歌うよ。
 Ki*heiの美しさを伝えるために。
 そのたぐいまれな素晴らしさは、どんなことばでも語り尽くせない。
  (それほど)Ki*heiは美しいところなんだ。

 Ha’ina hou ‘ia mai ka puana la*
 Ka nani a’o Ki*hei
 Kaena a’e no* au ‘o ka ‘oi la*
 Ka nani a’o Ki*hei

 Maui島のなかでも早くから観光地化され始めたことから、近年になって計画的に開発されたリゾート地にはない、自然発生的な印象があるというKi*hei。かつてはお金持ちに好まれたエリアだったようですが、現在は庶民が日光浴に訪れるような、飾らないビーチでもあります。その一方で、ウィンドサーフィン初心者には最適な条件がそろっており、風や波の変化がヨットセーリングにも好まれるようです。
 そんなKi*heiですが、この歌の作者のまなざしは、どちらかというとそういった一般的な観光には向けられていないような気がします。そして、そのことを決定づけているように思うのが、最後に「魚釣りをしているひとびと」(na* ka*naka la* e lawai’a ana la*)が登場するあたり。働く漁師を目にしたのではないにしても、作者のこころを捉えたKi*heiのすばらしさは、自然との共生のなかで営まれる、地に足のついたひとびとの暮らしだったのではないかと……。そんなことを考えながら、「Ki*heiの美しさ」(ka nani a’o Ki*hei)として語られている風物の向こう側に、ハワイに生きるひとびとが大切にしている、もう一つの風景があるような気がしています。

by Kai Davis

*:「Aku nei la*」の「aku」は話者から投げかけられる視線、「la*」は視線の向こうに広がる空間がそれぞれ感じられることば。
**:海から山に向かう帯状のエリアを生活圏として意識する仕方は、ハワイ古来の空間認識の名残でもあります。

参考文献
1)Kyselka Will, Lanterman R: Maui-How It Came To Be. Honolulu, University of Hawaii Press, 1980, p121, p148, p189
2)McMahon R: Adventuring in Hawaii. Honolulu, University of Hawaii Press, 2003