Aloha Tower







 Aloha Towerは堂々とそびえてる。
 Honolu*lu*の港に荘厳な趣で。

 Oheohe Aloha Tower a'e ku* nei
 Kilakia i ke awa a'o Honolu*lu*

 道しるべとなる灯りが放たれている。
 そのきわだって新鮮な輝きでもって。

 'O ka ipu kukui e 'a*napanapa
 Kou ma*lamalama u'i kelakela

 明るく弾むようなメロディラインが、訪れるひとをひきつけてやまないその場所の、華やかな賑わいを感じさせる『Aloha Tower』。Aloha Towerは、1926年にHonlu*lu*の港に立てられた灯台で、高さ56メートルの10階建て。Waiki*ki*にも近く、現在は周辺にショッピングや食事が楽しめるエリアもあって、多くの外国人が訪れる観光スポットでもあります。もっとも、高層のホテルが立ち並ぶいまとなっては、「高くそびえている」(oheohe……a'e ku* nei)と歌われるような印象はありませんが、この歌ができた当時のHonlu*lu*を想像しながら、作者がみたAloha Towerのイメージをふくらませてみたいと思います。

 時を告げるのもAloha Towerだったりする。
 まちの正確な時刻をね。

 Na*u e ma*lama a'e helu pono
 I ka manawa pololei a'o ke kaona

 ときおり響いてくる鐘の音に、「あら、もうこんな時間!?」と気づかされる……そんなゆったりしたときが流れる風景が、かつてはHonlu*lu*のまちにもあったようです。Aloha Towerにはりっぱな時計が設置されていますが、当時は地域の時計台の役目もはたしていたんですね。
 Aloha Towerができてから数年後に撮影された写真をみると、南方向に張り出した埠頭のきわのところに、圧倒的な存在感でもって海に向かう、Aloha Towerの威厳のある姿があります。周辺には船舶のデッキといった港湾機能があるだけで、商業施設らしきものはみあたりませんが、なんといっても島一番の高層建築。まちのシンボル的存在としていつもひとびとのこころのなかにある、そんなタワーだったのではないかと思われます*。

 その役割はもてなすことでもある。
 旅人たちが集まってくるところだからね。

 'O ka*u hana mau la* 'o ka ho'okipa
 O na* malihini a e po*hai nei

 「あぁ、もうすぐHonolu*lu*港よ」……そんなふうに、これからの旅への期待に胸ふくらませるひとの目にまず飛び込んでくるのが、埠頭にそびえるAloha Towerでした。交通手段といえば船に限られていた時代には、旅人を迎えるのも見送るのもAloha Tower。そんな旅の情緒をかきたてていたころの面影は、いまもタワーのレトロな雰囲気に若干残されているように感じますが、当時のランドマークとしての存在の大きさは、相当なものだったのではないかと想像されます。

 こころ静かに思い起こしてみたよ。
 Aloha Towerの見上げるような姿を。

 Ha'ina ka puana me ka maluhia
 Oheohe Aloha Tower a'e ku* nei

 「心静かに」(me ka maluhia)Aloha Towerへの思いを振り返ってみた……ここではそんな感じにしめくくられています。Honolu*lu*やWaiki*ki*といえば、まずは観光客が行き交うにぎやかな表通りが連想されますが、作者の目に浮かぶ風景は、いまとは随分異なるようです。
 1930年に撮影された、Honolu*lu*を西側からみわたした写真をみると、Aloha Towerから東のDiamond Headまで、視界をさえぎるものはまったく見あたりません。もちろん、田園風景ではなく「まち」ではあるのですが、なんとなく静かな田舎町といった風情があります。とはいえ、合衆国併合後30年を経たこの頃は、軍事関連施設の整備がすでに相当進んでいたころ。一見、のどかなようですが、ハワイ古来の土地とひととの関係が失われ、ひとびとの生活が確実に変わりつつあったころでもありました。ましてや、Honolu*lu*のような中心地は変化も早かったはず。『Aloha Tower』でも、命あるものとしての土地とのつながりを感じさせる「’a*ina」(大地)は用いられず、英語の「town」由来の「kaona」が「まちの正しい時刻」(ka manawa pololei a'o ke kaona)といったフレーズで登場しています。ハワイを旅すると、時計にしばられない「ハワイ時間」みたいなものを満喫できる……旅行者としては、そんなことがなにより嬉しかったりするのですが、それももしかしたら、ハワイにはりついた南の楽園の幻想に過ぎないのかもしれませんね。そう、少なくともかれこれ100年前から、Honolu*lu*は「kaona」(town)であり、Aloha Towerが時を刻んでいたのですから……。
 ところで、作者のClarence Kinneyとはどんな人物だったのかというと……生没年はわかりませんが、1922年、42歳の時に、妻と7人の子どもとともにKalamaula(Molokai島)に移住したという記録があります*。もともとはHonolu*lu*に暮らすウクレレ職人だったようですが、hapa haoleとして農園を所有する家族のもとで生まれ育った彼には農業の知識もあり、Kalamaulaへのネイティブのひとびとの入植がはじまった初期の段階に選ばれ移住したようです。そうすると、Aloha Towerができたのは彼がHonolu*lu*を離れてからのこと。里帰りした彼が、Aloha Towerに出迎えられる、なんてこともあったかもしれません。

by Clarence Kinney

*:https://nupepa-hawaii.com/tag/clarence-k-kinney/(Kuokoa, 7/6/1922, p. 1)

参考文献
1)Grant G et al: Hawaii Looking Back: an illustrated history of the islands. Honolulu, Mutual Publishing, 2000, pp286-289

スポンサーサイト
『ハワイ語のmeleを読む会』のご案内です。

5月25日(金)、たかうち珈琲(新大阪)
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270301/27001979/dtlmap/
19時くらいから21時まで。

参加費:コピー代のみ(飲み物などのお店へのオーダーは、各自お願いします)。

課題曲:『Kanaka Waiolina 』
参加ご希望の方は、hiroesogo@gmail.comまでご連絡ください(人数把握のため)。

ご参加お待ちしております。

ハワイ語の方向詞に含まれる微妙なニュアンスを細かくたどってみた『ハワイ語のはなし』です。

http://archives.mag2.com/0001252276/20180501213000000.html

Leolani







 聞いてくれないか。
 ぼくの思いのたけを。
 涙が止まらない(そんな気分で歌うよ)。
 この(ぼくらの)関係は終わらないよね。
 Leolani、きみはすてきだ。
 ぼくのこと忘れないで、大好きだよ……。

 Auhea wale ‘oe
 Me ku’u aloha
 Kulu ka waimaka
 Pau ’ole no* ke*ia
 He u'i ‘o Leolani
 Don't you forget me my love

 ゆらぎなく刻まれるウクレレの音色に、思いを伝えようとする誰かに寄せる愛情の深さや、いましかない的な一途さを感じる『Leolani』。「大切な思い(とともに)」(me ku’u aloha)というフレーズが、あらためて手紙をしたためようとするときの、ちょっとかしこまった気分みたいなものを感じさせますが、「涙しながら」(kulu ka waimaka)、「終わらない」(pau ’ole)ことを願っている……とくれば自ずと連想されるのは、やはりつらく悲しい別れのシーンでしょうか。多くが語られないことが、逆に失ったものの大きさを伝えているように思われますが、離れていくひとに対していえることといえば、「(せめて)忘れないで」(don't you forget me)の一言しかないのかもしれません。

 ぼくはここで、こうして待っている。
 あふれる思いをたずさえて。
 きみはいとしいひと。
 ねぇ、どうか思いを受け止めて。
 Leolani、きみはすてきだ。
 ぼくのこと忘れないで、大好きだよ……。

 Eia au e kali nei
 Me ku’u aloha
 Ho'oheno ana ‘oe
 Auhea wale ho'i ‘oe
 He u'i ‘o Leolani
 Don't you forget me my love

 「ぼくは(いま)ここで待ってるよ」(eia au e kali nei)……おそらく、待っても仕方がない状況ではないかと思われますが、それでも愛おしいい君(ho'oheno ana ‘oe)の面影を追ってしまうみたいな、どうにも思いを断ち切れない心境がうかがえます。そう、やっぱり君は、ぼくにとって「Leolani(という名にふさわしい)素敵なひとだから」(he u'i ‘o Leolani)……*。そうして、なんども繰り返される「(せめて)忘れないで」(don't you forget me)というこころの叫びは、喪失感を抱えながらも前を向いて生きるための希望であり、最後のお守りでもあるに違いありません。

by Josh Tatofi

*:Leolani(文字通りの意味は「天から聞こえてくるような(聖なる)声」)を、思いを寄せるひとそのものとして訳しています。

※この訳および解釈は、聴きとったハワイ語からの印象を記したものであり、作者の意図や歌の背景については考慮されていないことを申し添えます。

Nani






 あなたの美しい姿を見ると、
 やわらかなミストにしっとりと包まれているよう。

 Ke 'ike aku au
 I kou nani
 E ho'opulu 'ia nei
 E ke kilihune ua

 大好きな誰かを前にして、その美しさにあらためて感じ入っているひとのやさしい眼差しや、満面の笑みが自ずと目に浮かぶ『Nani』。褒めたたえられているひとと作者との関係はここではわかりませんが、「やわらなかミストをまとっている」(e ho'opulu 'ia nei, e ke kilihune ua)と歌われる繊細な感じは、生まれたての赤ん坊のなめらかな感触、あるいはあふれる生命力を思わせるところがあり、天からの恵みに守られ祝福されたそのひとの、特別なオーラが表現されているのではないかと思われます。

 あなたの素敵な声に耳を傾けると、
 その愛にすっぽり包まれてしまう。

 Ke lohe aku au
 I kou leo nahenahe
 Pu*'ili iho au
 I kou aloha

 「あなたをみると」(ke 'ike aku au)ではじまった最初のバースの視覚的な描写に続いて、ここでは愛するひとの声について語られています。「Pu*'ili iho au」の「iho」に、「私自身がまるごと」というニュアンスがあることから「(声に)すっぽり包まれる」と訳してみましたが*、振動として伝わってくる声は、ときに見ることよりも直接的で、官能的にせまってくるものでもあります。その声が「あなたの愛情」(kou aloha)を伝えるものであるならなおさらで、全身全霊で相手を受け入れている感じがひしひしと伝わってくるようです。

 あなたは、なにより私にとって愛すべきひとで、
 (だから)気になって仕方がない。
 (あなたがいる)ここに中心があるみたい。
 私にとっての世界の中心が……。

 He aloha 'oe na'u
 E hi'ipoi nei
 I ne'i ka piko
 No ku'u kino

 「あなたは私にとって愛すべきひと」(he aloha 'oe na'u)……こんなふうに、あらためて「na'u」(私にとって)と強調される感じや、いつも相手を気遣っている(e hi'ipoi nei)というフレーズに、なかば相手と自分が一体化しているような、これ以上にない相手との親密な関係性がうかがわれます。私の存在にとっての(no ku'u kino)中心(ka piko)がここにある(i ne'i)のはそのためで、私にとっての世界の中心が、あなたのところにあることが宣言されているわけですね。

 まさに笛の音が、
 平原にひびきわたるよう。
 (そうしてあなたに)誘われて、
 私はいてもたってもいられなくなる。

 'O ke kani a ka pio
 Walo i ke kula
 E kono mai ana ia'u
 E naue aku

 「あっ、笛の音だわ」('o ke kani a ka pio)**と気づき、それが「平原にひびく」(walo i ke kula)と続く、なんともいえない晴れ晴れとした表現。これはおそらく、愛するひとからの誘いを受けて(e kono mai ana)、思わずときめいてしまったこころのゆらぎを描写するものではないかと思われます。「(こころ)動かされる」(e naue aku)というフレーズには、ややせき立てられるような感じもあって、前半のゆったりした雰囲気からはうかがえなかった、心引かれ合う二人の愛の営みを思わせるところもあります。

 思いを伝える大切なLeiのようなことばで、
 この歌の最後を締めくくろうと思う。
 やわらかなミストにしっとりと包まれている、
 そんな素敵なあなたを思いながら……。
 
 Ha'ina e ka wehi
 O ku'u lei
 E ho'opulu 'ia nei
 E ke kilihune ua

 大切なひとへの思いを、心を込めて編んだleiで飾るように(e ka wehi ku'u lei)語ったとされる『Nani』。心がおもむくままにつむがれたような素朴さが、じんわりとこころに響く一曲です。

by Alice Namakelua

*:下方向をあらわす方向詞「iho」には、英語の「-self」にあたる「再帰的」な意味合いがあります。
**:ハワイ語の構文のひとつに、「'o 」で強調したいことばを導くものがあります。