Alu Like







 さぁ、みんなで力をあわそう。
 ハワイで生まれ育ったネイティブたちよ。
 決して消えることなく(未来に向けて)咲き続ける花、
 すばらしき(伝統を祖先から受け継いだ)子孫たちよ。

 なんとなく、これから山登りにでも行くのかと思ってしまいそうな、素朴で明るい印象の『Alu Like』。ですが、歌詞を読んでみると、そんなメロディからは想像できない、まっすぐかつ真剣な志が語られていることがわかります。まず、「ka*kou」(私たち)に続く「e na* ‘o*iwi o Hawai’i」(ハワイのネイティブたちよ)というフレーズから、なによりネイティブの仲間たちへの呼びかけであることがわかるのですが、この「na* ‘o*iwi」は、「mae ‘ole」(消えることなく)咲き続ける「na* pua nani」(美しい花)であるとも語られていて、ネイティブであることを誇りに思う気持ちが、ずっしりと重みをもって迫ってくるように感じられます*。

 しっかり心を込めて行動しよう。
 そう、謙虚な気持ちで。
 (そして)ホントウに正しいことを語りましょう。

 ここでは、タイトルになっている「alu like」(協同する、ともに働く)ことが、どうあるべきかについて語られているようです。それにしても、「真実」(ka ‘oia’i’o)や「謙虚さ」(ka ha’aha’a)でもって行動し、正しいことを語りましょう(e‘o*lelo pono ka*kou)なんて、ふつうはそれなりの覚悟がなければ口にできないもの。そして、そんな『Alu Like』は、もともと「Alu Like Inc.」という組織のために作られたもので、そのスローガン的な内容が盛り込まれているようです。
 Alu Likeは、1975に発足した非営利組織で、ネイティブハワイアンのコミュニティに必要な社会的、経済的援助を行うべく、米国内のネイティブを支えるための基金を受けて設立されたもの。発足当初はN.O.W.(New Opportunities Working)だったようですが、Mary Kawena Puku‘iの提案でのちに変更されたのが、現在の名称なんだといいます。また、歌詞に含まれる「E alu like mai ka*kou, e na* ‘o*iwi o Hawai‘i」というフレーズは、Alu Likeの趣旨に賛同したEdith Kanaka‘oleから寄せられたものだといい、この組織が、ハワイ文化を大切にすべく活動してきたひとびとに、広く支持されてきたこともうかがわれます**。

 (われらが)伝統にしっかり目を向けよう。
 (そして)耳を傾けるのです。
 (理想を語るだけなら)黙ってることね。
 そう、まずは手を動かすことが大切……。

 ネイティブハワイアンが拠って立つところ、そのオリジン(起源)に目を向けよう……ここでは、ネイティブハワイアンが、それを保障されてこそネイティブだといえる、彼らの伝統的な価値に目を向け、その教えに耳を傾けよう(e ho’olohe mai)と呼びかけているようです。だとすると、一緒に行動する(alu like)ことで目指されているのは、単に困っている個人を助けるといったことではなくて、たとえばネイティブがネイティブとして生きることを可能にする文化的基盤を復興するための、大いなるなビジョンに基づくプロジェックとだったりするのかも……。そうして、その理想の実現のために、理念を語るのではなくまずは行動していこう(e hana me ka lima)というわけですね。短いフレーズのなかに、信じることで生まれる無限大のエネルギーや、決してあきらめない強い意志が感じられるように思われます。
 そんな壮大なモットーを掲げる組織Alu Likeは、40年以上にわたり、ハワイのネイティブの家族や共同体が、自らの可能性を広げるべくお互いに助け合えるよう活動を続けてきたようです。たとえば、「ネイティブの子どもたちが可能性を伸ばせるよう、その家族の力を育てる」「ネイティブの雇用促進を目指して、職業訓練など各種トレーニングや教育、インターンシップを実施」「健康や食習慣に関する啓発活動」「ネイティブ個人や家族の経済状況の向上を目指して、そのためのスキルを伝える」「高齢者の健康や個人の尊厳を守り、文化的アイデンティティを回復する」「ハワイ文化に関する資料の収集」……ざっと眺めてみただけでも、その活動が多岐にわたることがうかがえます***。と同時に、裏を返せば、それだけハワイのネイティブのひとびとが置かれてきた状況が厳しいということでもあり、18世紀末以来の欧米化、とくに19世紀になって進んだ政治体制の近代化や経済のグローバル化、そしてなにより米国への依存が進んだコロニアリズムの時代の負の遺産が、いまも大きく影を落としていることの証ではないかと思われます。
 ところで、この歌を作ったHaunani Apolionaはどんな人物だったかというと……1949年Honolulu生まれ。ハワイ大学マノア校でハワイ文化に焦点をあてた学びを修め、SociologyとLiberal Artsで二つの学位を取得(1973年)。ミュージシャンとしては、この『Alu Like』で1985年にNa Hoku Hanohano Awards楽曲賞を初受賞して以来、女性ボーカル賞、トラディショナルハワイアンアルバム賞など、多くの受賞歴があります。そんな、いわば彼女ががソングライターとして注目されるきっかけになった『Alu Like』は、彼女がAlu Like Inc.のディレクターだったときに作ったもので、1984年にはソロシングルも出されています。残念ながら、シングル盤はあまり出回らなかったようですが、ハワイアンコミュニティのなかでは多くの共感を呼んだ歌だったとされます。
 『Alu Like』のほかにも、社会的、政治的に重要なテーマでハワイ語の歌を作っているというHaunani Apoliona。21世紀に入ってからは、Office of Hawaiian Affairs(ODA)の役員としての活躍など、社会的な活動のほうが目立っているようですが、彼女にとってミュージシャンであることは、もしかすると社会的・政治的主体であることとイコールなのかもしれない……『Alu Like』から伝わってくる迷いのないメッセージを反芻しながら、そんなことを想像しています。

*:ハワイ語でネイティブを意味する「‘o*iwi」の「iwi」は「骨」(bone)をあらわすことばで、祖先が骨をうずめてきた土地という意味が含まれている「kula*iwi」(故郷)にも通じることば。また、歌詞にもあるように、花をあらわす「pua」は、種を未来につなげる植物の花だけにとどまらず、広く「子孫」の意味でも用いられます。
**:Mary Kawena Puku‘i(1895-1986)は、ハワイ語辞書を編纂したことでも知られる、ハワイ文化の研究者。『Pua Lililehua』『Pua ‘Ahihi』『Po* La'ila'i』といった、フラダンサーにもなじみのあるハワイアンソングを多数残しています。また、Edith Kanaka‘ole(1913-1979)は、クムフラ、チャンター、コンポーザーとして活躍し、ハワイ大学ヒロ校で教職につくなど、ハワイ文化を継承すべく生涯にわたって活動した人物。
***:Alu Likeの活動については同組織のウェブサイト参照。
https://www.alulike.org/
****:Office of Hawaiian Affairs(OHA)は、ネイティブハワイアンの健全な発展を目指して1978年に設立された組織。選挙によって選ばれた役員組織を中心に約170人のスタッフを擁し、ネイティブハワイアンにまつわるさまざまな課題解決に取り組んでいるようです。
http://www.oha.org/

参考文献
1)Kanahele GS: Hawaiian music & Musicians-an encyclopedic history. Honolulu, Mutual Publishing, 2012, pp37-38

スポンサーサイト
「わかる」って、なにかについての了解が、どこからかやってきて理解させられるようなところがあるよなぁ……なんてことを思いながら書いてみた、『ハワイ語のはなし』です。


http://archives.mag2.com/0001252276/20170430112150000.html

次回『ハワイ語のmeleを読む会』のご案内です。

5月19日(金)、たかうち珈琲(新大阪)
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270301/27001979/dtlmap/19時くらいから21時まで。

参加費:コピー代のみ(飲み物などのお店へのオーダーは、各自お願いします)。

課題曲:Ku'u Poli'ahu(Kalani Pe'a)

参加ご希望の方は、hiroesogo@gmail.comまでご連絡ください(人数把握のため)。

ご参加お待ちしております。

E Maliu Mai







 ねぇ、ねぇ……。
 私のいとしいひと。
 温かい愛で応えてほしいの。

 E maliu mai
 E ku'u ipo
 Me ke aloha pumehana

 hui
 ねぇ、ねぇ……。
 (つまり)大好きなの。
 あなたの愛でもって抱きしめて。そう、特別なleiのように……。

 E maliu mai
 E ku'u ipo
 Me ke aloha lei makamae

 (あなたが)ほしい。
 あなたは私のものなんだから。
 やさしいささやきで包んでほしいの。  

 Ko'u i'ini
 Na'u 'oe
 Me kou leo nahenahe

 月明かりのもと、遠くから響く波の音を聞きながら、うっとり見つめ合う二人……そんな光景が自ずと目に浮かぶ『E Maliu Mai』。とろけるようなメロディにのせて歌われるのは、要するに「ねぇ(聞いて)」(e maliu mai)ということだけだったりするのがまた、微笑ましいというかくすぐったいというか……でも、そんな夢見るようなひとときが、夢ではなく現実に訪れることってあるものなんですね。お互いにすべてをゆだねあえるという、もうそれだけで幸せであるような、とくべつな誰かとのとくべつな関係……。そうして、「e maliu mai」という呼びかけに応えてくれた「ku'u ipo」(愛するひと)は、特別なlei(lei makamae)を授けられるときのように、やさしく、このうえない香りをともなって、この私の肌にふれてくれるものなのです。
 そんな、肩を寄せ合う恋人同士が、さぁこれから(!?)という期待に胸膨らませるときの、あまい雰囲気が充満しているように感られる『E Maliu Mai』。後半には、「na'u 'oe」(あなたがほしい)といった直接的な表現もあってドキッとしますが、作者がパートナーの男性への思いを歌ったもので、二人の結婚式で演奏されたと聞くと納得って感じ……。それにしても、あまりにことば数が少な過ぎやしないかと思ってしまうこのmele。饒舌さではなく、熱い吐息でしか伝えられないメッセージがあることを教えられたような、そんな気がしています。

by Irmgard Farden Aluli(1950)

Mai Italia Ko* Lei Nani







 イタリアからやってきた、あなたの美しいlei(のような連なり)。
 (それは)王冠の上に輝く宝石の数々……。
 フランス(の職)人によって技巧を凝らされたもので、
 見るともう、キラキラ光輝くさまが半端ないのです。

 「イタリアからやってきた」(mai Italia)というフレーズに、これからなにが語られるんだろう?といきなり歌の世界に引き込まれてしまう『Mai Italia Ko* Lei Nani』。冒頭の「Mai Itali ko* lein nani」を直訳すると「イタリアからやってきたあなたの美しいlei」となりますが、歌われているのは「王冠の」(o ke kalaunu)上に連なっている「キラキラ光る宝石類」('o ka 'o*pu'u liko)1)。「きちんと計算されて作られている」(ua hana no'eau 'ia)と語られるその美しさは、「フランス人による」(e Palani)とも歌われ、ヨーロッパ文化の粋を集めた逸品を目にしている感動が伝わってくるようです。

 (とりわけ)ダイヤモンドの美しさは無限の輝きで、
 私の目には、なにかこの世のものではない美しさに見える。
 (たとえば)流れ星の軌跡が、
 太平洋の波の揺らぎにちらちら瞬いているような……。

 「ダイヤモンドの美しさが放つ輝き」(ke 'alohi o ka nani o ke kaimana)がとりわけ美しいと歌われる特別な王冠。それは、完成したばかりのIolani Palaceで行われた、Kala*kaua王の戴冠式でお披露目されたものでした2)。王冠は、Kala*kaua王と王妃であるKapiolani女王それぞれのために特注されていて、合計521個のダイヤモンド、オパール20個、エメラルド8個、54個の真珠など、ヨーロッパ各国から集められた宝石がちりばめられていたようです。歌詞に「ke kaimana」(ダイヤモンド)が登場するあたり、数が多かったダイヤモンドの存在感が、なんといっても圧倒的だったであろうことがうかがえますが、その美しさは「流れ星」(ka ho*ku* welowelo)の軌跡とともにあった(me he ala)なんて、ダイヤモンドに反射する光が四方八方にのびてあたりを照らしていたんだろうか……なんてことも想像されます。しかもその輝きは、「太平洋の水面に」(ma ka 'ili kai o ka Pa*kipika)反射するようだったとも語られていて、セレモニーを見守っていたひとびとの夢見心地な気分も伝わってくるようです。もっとも、「見慣れぬもの」(mea 'e*)の美しさだったとされることからすると、どう表現していいものかと困ってしまうほど、その輝きにたまげてしまったというのが本音だったりして……。それはともかく、当時のハワイのひとびと、とくにハワイのnativeにとっては、ヨーロッパの王冠なんて想像もつかなかったでしょうから、なかには「なんだこれは!?」と思ったひともいたのではないかと思ったりします。

 (その王冠が)三本マストの船、南航路の蒸気船で運ばれて、
 あなたの美しさが完成され、(こうして)お披露目することになった。
 (そうして、いまや)われらが女王の地位は、ゆるぎないものになったのです。

 王冠が)南航路の蒸気船によって」(e ka laina moku ahi o ka hema)運ばれたことで、あなたの美しさは(ko* nani)完成されてお披露目されるに至った(ku'u 'ia la* i pau pono)……海外からの輸送手段といえば船しかない時代、そうやって海をわたってくるだけでもありがたかった当時の感覚が伝わってくるようです。それにしても腑に落ちないのは、なぜ主役であるはずのKala*kaua王ではなく、王妃にだけスポットがあてられているのかということ。そう、ここにいたって、ことばを尽くして讃えられてきた王冠が、Kala*kaua王ではなく、Kapiolani女王のものであることが明かされるんですね。戴冠式自体も、彼が王位についてから9年も経ってから行われていたりして、「(これで)女王の生活も安泰だ」(a i la'i ka nohona a'o ka wahine)なんていわれると、そんなことをあらためていう必要があるほど王政が不安定だったのか(!?)と深読みしたくなる語りではあります3)。

 あなたの民はみな(そのことを見て)了解しています。
 あなたのこのよき日に、確固たる装いで(お出ましになったわけですから)。
 そうして、この歌の思いは(聴くひとみなに)届いたことと思う。
 高みにのぼりつめたKapiolani女王が、この上なく高貴なおかたであることが……。

 「(女王であるあなたにとっての)このよき日に」(i kou la* nui)、「確固たる姿で(お出ましになった)」(hao a pa'ihi)……このあたりは、「hao」4)ということばの力強さから、王冠を授与され、威厳のある堂々とした面持ちで参列者の前に現れた、王と王妃の姿が想像されるくだりです。それでも、ここであらためて語られるのはKapiolani女王がこの上なく高貴であること('o Kapiolani i ka 'iu o luna)だけ……王朝賛歌であることは間違いないとしても、置いてきぼりのKala*kaua王の扱いがどうなっているのか、気になるところではあります。
 王国のインターナショナルなイメージを確立するねらいもあって、世界各国を回ったとされるKala*kaua王。豪勢な戴冠式を行ったこともその延長線上にあったのかと思いきや、どうもそればかりではなかったようです。というのも、そのセレモニーは、ハワイでも久しく公的な場で禁じられていたhulaが華々しく催されるなど、ハワイの伝統に回帰しようという王の意図を決定的に印象付けるものだったからです5)。
 そんな戴冠式をめぐる彼の一連のふるまいは、キリスト教的モラルを絶対視する宣教師はもとより、広くhaoleの反感をかきたて、国の財政を悪化させるだけの無駄遣いに過ぎないと徹底的に批判されます。一方、政治的にhaole層に対立する立場にあったnativeのひとびとにとっても、王族としての血筋の不十分さもあって人気がなかったKala*kaua王6)。戴冠式のあと1週間にわたって催された宴では、5000人ものnativeが貧富の隔たりなく招待されたようですが、そうやって「われらの王」であることを演出する必要があったほど、nativeのひとびとのこころが離れていたことが、いまさら感のある戴冠式をせざるを得なかったなによりの事情であり、伝統回帰的な態度を後押ししたのではないかとも考えられます。
 この戴冠式については、hulaをはじめ内容的に問題ありとされたプログラムを作った人物が罪に問われてもいて、王国挙げてのセレモニーであるどころか、同じ群島に暮らしながら利害を異にするひとどうしの隔たりを、より先鋭化させてしまった大事件であったことがうかがえます。結局、(プログラムを作った)被告は「そもそもハワイ語がわかっていなかった」というところで決着したようですが、もはやその意味するところの是非を公の場で議論することもできないほど、ハワイ的価値がないがしろにされていた時代状況がうかがわれるエピソードではあります。
 そして、戴冠式で披露され問題になった「hula」とはなんだったかというと、それはなにより王族の系譜をたたえ、その礎がAkua(神的存在)につながっているという信仰を表明するものでした。それに反対することは、とりもなおさず伝統的な王朝を頂点とする政治体制を認めないことであり、単に性的な内容を含むことがモラルに反するといったことではなくて、問題の核心はきわめて政治的なものであったと考えられます7)。
 戴冠式でのKala*kaua王は、伝統的に支配階級の王族に許された「lei niho palaoa」(クジラの歯の首飾り)や「'ahu'ula」(赤い羽根のマント)を身につけ、王族の印である「ka*hili」を高く掲げてもいたようです。そんなハワイ古来の様式美とともに西洋の王冠が登場したこと自体が奇妙ではありますが、戴冠式後、王冠は二度と身につけられることがなかったと聞くと、結局すべてはハワイの伝統を復活させるための方便だったんだろうか(?)と思いたくもなります。
 戴冠式の数年後、王朝転覆の際の混乱のなか、暴徒化した兵士に宝石の一部を奪われてしまったKala*kaua王の王冠は、現在、フェイクの宝石を張り付けて保存されているといいます。王国の繁栄を祈念して作られた王冠が、失われた権力の象徴として存在する今日。王不在のまま戴冠式を語り継ぐ『Mai Italia Ko* Lei Nani』は、ハワイ王朝が終わりの始まりをやり過ごしていたころの、華やかさと翳りをいまに伝えるmeleであるといえるのかもしれません。

Traditional/Kinoiki Kekaulike

注 釈
1)Leiというと、まずは首まわりを飾るものを連想しますが、ハワイ語で「lei po’o」といえば頭部に身に着けるものであり、王冠をleiと呼ぶのもハワイ語の感覚では自然なことなのかもしれません。また、「ka 'o*pu'u」はハワイで伝統的に身に付けられてきたクジラの歯で作られるペンダントですが、ここではアクセサリーのパーツを意味するととらえて「宝石」と訳しています。
2)1881年に9カ月にわたって外遊した際、Kala*kaua王がLondonで発注したもの。なお、戴冠式が行われたのは1883年2月12日。
3)Kapiolani女王のlei(crown)について語るchantは複数存在し、1800年代に記されたそれらの記録が、Bishop Museumのアーカイブに8つ残されています。それらをもとに後年になって歌われるようになったのが、この『Mai Itala Ko* Lei Nani』で、同様のテーマはMerry Monarch Festivalでも繰り返し取り上げられているようです。
4)「Hao」には、「鉄」のほかに、「(風や雨が)力任せに(強く)やってくる」といった意味があることから、堂々たる迫力で、王冠などもきちんと身に着けて(pa'ihi)いる様子を描写していると解釈してみました。
5)キリスト教化が進んだ1820年代以降、みだらな異教の文化として排斥の対象となったhulaは、1827年には早くも法律で禁止されていました。
6)Kala*kauaよりも血筋的にはKamehameha一世に近く、Nativeにも人気があったQueen Emma がKala*kauaに王位を譲る結果になったのは、Kala*kaua が土地の取得や税制面での優遇など、サトウキビのプランテーションを振興すべく政策転換したことで、米国派であるhaole勢力を味方につけたことが大きかったとされています。
7)王の権威に対する承認を取り付けるべくその地位を声高に宣言するセレモニーが、その拠り所を王族としてのしかるべき系譜に求めたことは、実はKala*kaua王が王位継承をめぐって対立した、(王族として上位にある)Queen Emmaを讃えることにほかならず、時期はずれなセレモニーが、政治的にいかに微妙なものであったかをうかがうことができます。ちなみに、Queen EmmaをはじめPrincess Pauahi(Kamehameha五世の後継者とされながら辞退)、およびその夫であるCharles Bishopといった王族は、この戴冠式には出席していません。

参考文献
1)Ku'uleialoha SA: Queen Kapi'olani's lei chants. Honolulu, Hawaiian Historical Society, Hawaiian Journal of History, volume 30, 1996
2)Barrere DB et al: Hula-historical perspective, Pacific Anthropological Records No. 30. Honolulu, Dept. of Anthropology, Bernice P. Bishop Museum, 1980, pp133-139
3)Osorio JK: Dismembering lahui-a history of the Hawaiian nation to 1887. Honolulu, University of Hawaii Press, 2002, pp193-205
4)Lowe RH: David Kala*kaua. Honolulu, Kamehameha School Press, 1999, pp55-65
5)Liliuokalani: Hawaii's Story by Hawaii's Queen. Honolulu, Mutual Publishing, 1991, pp100-105