Wainiha







 しっかりと目に焼き付けた、
 あのWainihaの緑豊かな光景。
 Hinaleleをいただき
 そびえる峰々に美しく囲まれて……。

 目を見張る自然の美しさと、こころとき放たれる空間にいだかれたときの感動が歌いあげられる『Wainiha』。のびやかなメロディラインでもって、まるごとその驚くべき場所の空気を包み込んでいるように感じられますが、まずはそのWainihaがどんなところなのかをみてみたいと思います。
 Wainihaは、Kaua’i島の山深い中央部分から、島の北側にむけて約14マイル(22.5キロメートル)にわたって続く、Kaua’i島で最も長く続く渓谷。そして、「Hinaleleをいただき」(kau keha 'o Hinalele)と歌われる「Hinalele」は、その渓谷が始まるあたり、つまり一番高い位置にある滝の名前です。「Niha」(敵意のある)、「wai」(水、流れ)という地名が、どしゃぶりになると洪水になることをうかがわせるように、深く険しい谷を刻む川幅の狭い流れは、壁のように迫る峰々の間をたどり、海にほん近いところでようやく視界が開けてくるような、Wainiha特有の地形がそこにはあるようです。そして、作者のKuana Torresさんがインスパイアされたのが、まさにそんなWainihaの空間なわけですが、彼のことばによると「Hawai'i島のWaipi'o渓谷にもよく似ていて、Wainihaは別の時空間から届いたような声が響いてくるところだった」といいます。そのコメントは、さらにその理由について、「その空間を守るようにそびえる峰々によって、外界から隔てられる感じがここちよかったこと、あるいはそこに繁茂する動植物たちに由来する、美しい自然の神秘のためだったと思う」と続きます*。Wainihaには、自然の摂理だけに守られ続いてきた、夢のように美しく循環する世界があるんだろうか……なんてことも想像されますが、そこは、古代のハワイのひとびとが生活に用いた有用な植物がいまも自生するような、厳しさと豊かさをあわせもった土地でもあるようです**。

 垂れ下がる葉が、Lu*puaの風にのって香り、
 ぼくの大切なlaua'eのleiは、
 谷の(静謐な)香りで、いっそう深く感じられて……。

 Lu*puaの風によって(i ka makani Lu*pua)、下向きにそよぐ葉が(ka lau luhea)香る('a'ala)……植物は上向きに育つのが普通ですが、ここでは、谷の上の方に育つ植物を下から見上げ、それらがしなって風にゆれ、ひそやかに香るさまを想像してみました。また、私の大切なlaua'eのlei(ku'u lei hili laua'e)は、壁のような谷に囲まれた空間(ke awa*wa)の気配によって、より深く濃密になる(po*)という描写からすると、Wainihaの空気を肌で感じ、全身を包まれているときの気分を象徴しているのではないかと思われます。道もない藪やひとけのない森のなかは、自然のここちよさ以上に恐れを感じさせるものだったりしますが、この日のWainihaは、人間に敵対する部分ではなく、温かくおだやかな表情でもって迎えてくれたようですね。

 かわいらしい鳴き声が聞こえてきた(……と思ったら)
 'Apekepekeのささやきだったんだ。
 聖なる峰のちょうど下あたり、
 Ha*'enaにあるKe*'e*の海岸あたりだったような……。

 あっ!'apekepekeだ……静寂と向き合っていたひとの耳に、不意に聞こえてきた鳥の鳴き声は、ハッとなにかに気付かせるような瞬間をもたらしたようです。そう、'apekepekeのその声が、聖なる世界からのメッセージのように感じられるくらいに***……。その声が聞こえてきたとされるKe*'e*が、「聖なる峰の下あたり」(i lalo iho o ka pali kapu)と歌われるところから、ここでは神秘的な気分の訪れみたいなものをイメージしてみました。Ke*'e*は、Wainihaの西側に接するahupua’a****である、Ha*'enaの海沿いの地名。そのKe*'e*から鳥の声が届いたと歌われるわけですが、地図でみると、Wainiha の海沿いあたりからでも、Ke*'e*までは直線距離で数キロメートルあり、実際には鳥の鳴き声が聞こえる距離ではなさそうです。それでも、どこか遠くから響いてくるように感じたその声とKe*'e*が結びついたのは、Ke*'e*そのものに、もうひとつの世界を感じさせるなにかがあるからなんでしょうか……。ちなみに、Ke*'e*があるHa*'enaの土地は、ハワイ語で「赤く熱い」「燃える」(red hot)を意味する名の通り、フラの聖地として知られるなど古代の伝説が多く残されている土地でもあります。Ha*'enaにせよWainihaにせよ、自然の壁に隔てられたその空間は、それぞれが独特の空気のなかに精霊をやどし、ときに響き合い交流しながら、悠久の時を重ねてきたに違いありません。

 この地は、美しいものたちに満ちている。
 そう、Wainihaはおだやかさに包まれた世界なのです。
 さぁ、Wainihaのことを思って作ったこの歌を、
 もう一度、こころに響かせてみて……。

 「Wai-niha」(敵意のある流れ)なんて呼びながら、そのおそろしさを十分承知しつつ、厳しい環境ゆえの豊かさを享受していたと思われる、古代のハワイのひとびと。そして、そんなむき出しの自然と折り合いをつけることにも通じるような、太古の感性がみなぎる『Wainiha』。自然の声に静かに耳を傾けるためだけにこそ訪れてみたい空間が、そこにはただあるのではないかと想像しています。

by Kuana Torres Kahele

*:アルバム『Manookalanipo』(Music for the Hawaiian Islands Volume 4, by Kuana Torres Kahele)の歌詞カードにあるコメントより筆者訳。
**:平地が少ないWainihaですが、かつては谷の遠く高いところまでlo'i(水田)として利用されてもいたようで、古代のハワイのひとびとが、高い灌漑技術でもって土地を活用していたことがうかがえます。また、この地域には、食料や生活必需品となる有用な植物が自生しており、古代から豊かな生活が営まれたものと思われます(sweet potatoは食料、paper mulberryは布、olona*は紐や糸などの繊維、noniは薬などにされた)。また、バナナが至る所に育っていて、なかでも「mai'a Polapola」(Borabora banana)はKaua'i島特有の自生種で、太古の時代に伝説のMu*族がこの谷に持ち込んだのではないかとも語られます。Wainihaは、そこで採れる'awaの質がよく、種類が豊富なことでも有名。
***:'Apekepekeはハワイの固有種、elepaioの幼鳥。
****:Ahupua’aは古代のライフスタイルによる生活圏に根ざしたハワイの区画で、その範囲は山側から海沿いの地域にいたるため細長い形状をしていることが多く、山の稜線などの自然条件によって境界が定められている。

参考文献
Wichman FB: Kaua'i: Ancient place-names and their stories. Honolulu, University of Hawaii Press, pp121-125, 1998
スポンサーサイト