Kaulana Na* Pua





 ハワイのネイティブといえば、
 大地の理(ことわり)に従って生きてきたことで名高い。
 (そこへ)腹黒い使者がやってくる。
 略奪者の強欲さで記された要求書(をたずさえて)。

 ハワイの波の音や風の気配みたいに、ふんわり包み込む素直なメロディがここちよい『Kaulana Na* Pua』。タイトルにもある「na* pua」(puaの複数)は、ハワイに生まれ育ったネイティブのひとびとをたとえたもので、彼らがなにより「ka ‘a*ina」(大地)を尊いものとしてその摂理に従ってきた(ku*pa’a ma hope o~)ことが歌われている……とここまではいいのですが、いきなり「悪意のある使者」(ka ‘elele o ka loko ‘ino)がやってきて、しかも、法外な要求をつきつける書面(palapala)をたずさえている(?!)なんて歌詞に驚かされるこの歌。いったいなにごと?!って感じですが、その背景には、外国人勢力の台頭とともにハワイ王朝が実権を失っていった、19世紀末のハワイの政治状況があったりします。

 Keaweの島ハワイから声援が届く。
 Pi'ilaniの港湾で有名なマウイ(から)だって力を貸す。
 Mano(okalanipo)で名高いカウアイ(から)も。
 そう、Ka*kuhihewaの島、オアフ(のメンバー)としっかり手をたずさえて。

 ここに登場する「Keawe」「Pi’ilani」「Mano*okalanipo」「Ka*kuhihewa」は、Hawai’i、Maui、Kaua’i、O’ahuの各島が、詩的に表現されるときによく用いられることばです。それぞれ古代にひとびとを治めたリーダーの名前ですが、いずれもKamehameha一世によるハワイ統一以前の人物であり、単なる修辞である以上に、島ごとの歴史的背景や文化の違いも含みとして持つことばなのかもしれません。また、先のバースで、ハワイのひとびとがなにより「ka ‘a*ina」(大地)を尊いものとして生きてきたと歌われましたが、その意味では、これらのリーダーたちも、「ka ‘a*ina」にとっての正しさに従ってこそ、ひとびとの信頼を得ることができたものと思われます。
 そして、そんななにより大切な「ka ‘a*ina」である島々が、一致団結してハワイの危機に立ち向かう……文字通りたどるとそんな感じですが、実はこの歌詞には当時のあるエピソードが反映されていて、それぞれの地名は、各島にルーツがあったり、そこで活躍するなどしているひとを指しているようです*。そのあたりをみるまえに、まずは次の歌詞をたどってみると……。

 サインなんかしないぞ。
 敵の書類なんかには決して。
 (合衆国への)併合は、ひとびとの権利を剥奪すること(にほかならないのだから)。

 ここでサイン(ka pu*lima)をしない(‘a’ole a’e kau)とされる敵の書類(ka pepa o ka ‘e*nemi)は、1番にも登場した「palapala」で、それをつきつけられたのは、当時Honoluluを拠点に活躍していた、「Royal Hawaiian Band」のメンバーたちでした。そして、その書類を持参したのは、Sanford B.Dole率いるProvisional Government(暫定政府)がよこした使者(ka ‘elele)。1893年1月、台頭する議会の勢いに任せてLiliuokalani女王の王位を剥奪し、全権を手握した合衆国併合派は**、それまで王族への忠誠心のもとで活動してきたバンドメンバーに対して、新政府に全面的に協力することを宣誓するようサインを求めました。同意すれば、報酬を支払うという条件で……ということは、書面にサインしなければ即解雇というわけですね。そんなギリギリの状況下で、バンドリーダーだったHenry Bergerは政府に従ったためバンド自体は存続しますが、署名を拒んだ多くのメンバーたちは、やむなく楽団を去ることになります***。
 Royal Hawaiian Bandは、Kauikeaouli(Kamehameha三世、在位1825-1854)の時代に発足した、「King’s Band」を前身とする由緒ある楽団。お祝い事などの街中でのパレードや、葬送などの公的な場面で活躍するとともに、1881年にはKala*kaua王に同行し、海外でも演奏を行っています。また、Liliuokalaniの時代には、女王とともにハワイ各島を旅し、ほかの多くのバンドにも影響を与えたとのこと。そして、先のバースで、各島の仲間たちも応援していると歌われたのは、そんな音楽活動のなかで培われた友情や、交流関係あってのことのようです****。そうして、長年、ハワイの音楽シーンの中心的存在であり、Liliuokalaniが失脚した時には政府軍組織の一部でもあったことを受けて、暫定政府による楽団締め付けが行われたものと思われます。
 そして、実際のところ、Royal Hawaiian Bandのメンバーの多くは王政派であり、暫定政府からつきつけられた要求に憤慨し署名を拒みはするものの、Liliuokalani女王を擁護すべく政治的に活動することもできず、結局、沈黙するしかなかったようです。そんななか、彼らにとっての唯一の抵抗手段が音楽でした。『Kaulana Na* Pua』を作ったEllen Keho'ohiwaokalani Prendergast(1865-1902)は、Liliuokalani女王はじめ王家と親しい関係にあったひとで、1893年1月の政変のあと、すぐさま彼女のもとを訪れたバンドメンバーたちの依頼のもと、彼らの思いをこの歌にこっそり表現した(このときのタイトルは『He Lei No Ka Po'e Aloha』)……というか、歌詞そのものはkaona(ダブルミーニング)を多用するハワイ語のmeleにしては直接的な印象ですが、新しい為政者たちのほとんどはハワイ語がわからなかったため、彼らを含めた公衆の面前で、これ以上にないプロテストソングを歌うことができたということのようです。そう考えると、悪意のかけらも感じられないこの歌の軽やかなメロディも、カモフラージュの効果も計算に入れてのことだったのかもしれない……なんてことも想像されます*****。

 政府の金なんて、われわれは価値があるとは思わない。
 われらにとっては石があれば十分。
 そう、われわれは、この土地のすばらしい豊かさによって生かされているのだから。

 暫定政府への支持を条件に提示された「いくばくかのお金」(ka pu’u ka*la*)なんて、われわれはぜんぜん惜しくもなんともない(‘a’ole ma*kou a’e minamina)……ここには、宣誓書への署名と引き換えに提示された報酬のことが歌われるとともに、ハワイのひとびとにとって、ホントウに価値があり大切なことが、「石」(po*haku)ということばによって表明されています。石のくだりのところを文字通り訳すと「われわれは石で満足だ」となり、敵の申し出があまりにくだらないので、それよりはまだ石のほうがましだ……みたいな意味にもとれそうですが、そのあたりの解釈については、「po*haku」に含まれるハワイ的価値観を考慮する必要がありそうです。
 古代のハワイの遺跡、たとえば神々にまつわる祭事などが行われた神聖な場所「heiau」が、その土台である石積みだけを残して現存する場合がありますが、石はheiauだけでなく祭壇や家の礎であり、lo'i(水田)やloko i'a(養魚場)を形作るものでもあるなど、ハワイアンの伝統的な生活に欠かせないものでした。そんな「po*haku」は、あらゆるものを支えるという意味では、この世界の土台、つまり母なる大地「Papa」につながり、ハワイアン的な世界観では「生命の源」をイメージさせることばでもあります。また、「po*haku」の「po*-」は、光に照らされ人間に認識できる「ao」の世界に対する「po*」(闇)であり、人間にはあるともないともいえず、畏れあがめるほかない神々の領域でもあります。一方、「haku」には、「石」のほかに「秩序を与えるもの」という意味があり******、「ku」が「立つ」「錨を降ろす」「現れる」「始まる」といった動詞であることから、「po*haku」そのものに「神々の現れ」という含みもあるようです。つまり、ハワイ語の世界では、「po*haku」(石)は単なる石ころではなく、「mana」(不思議な影響力、可能性)そのものなわけですね。そんなところから、次のような伝説―Kamehameha一世の時代の飢饉の際に、Kailua(O’ahu島)のKawai Nuiからとれた不思議な食べられる土(lepo 'ae'ae)で命をつないだ―も残されてきたわけですが、これについても、「石や土を食べる」と文字通り捉えるのではなく、大地への信頼感や畏敬の念が表わされていると考えると、なんとなく理解できるような気がします。そう、おそらく「石」(po*haku)は、ハワイのひとびとにとって、なにより「大地の驚くべき実り」(ka ‘ai kamaha’o o ka ‘a*ina)の象徴ではないかと……。

 わたしたちはリリウオカラニ女王についていきます。
 そうして、この土地にとっての正義をこの手に取り戻すのです。
 (女王が王位を取り戻すまで)
 この歌に込めた思いをもう一度こころに響かせて。
 この土地を愛し、生きてきたひとびとのことを。

 「わたしたちはLili’uさまについていく」(ma hope ma*kou o Lili’ulani)……きっぱり宣言されていますが、女王自身の命も危ない状況で、その決意を表明するだけでも、相当勇気のいることだったと思われます。そうして、暫定政府への忠誠を誓わなかったバンドメンバーは総入れ替え。バンド名も「The Provisional Government Band」(暫定政府バンド、1893年)に変わりますが、翌年には「The Hawaiian Band」、そして、合衆国への併合が決まった1898年には「The Territorial Band」([合衆国の]領土のバンド)となるあたり、まさにその歩みがハワイの激動の時代の象徴であるともいえそうです。そして、結局、1909年にもとの名前に戻るのですが、Royal Hawaiian Bandが、ホノルルの文化・社会の中心的存在だった時代が再び訪れることはなく、ネイティブハワイアンのこころの叫びをのせたメロディも、変わる時代のなかで忘れられていったようです。
 大国に飲み込まれようとする故郷への愛を表明し、女王が王位を取り戻す(kau hou 'ia e ke kalaunu)ことを願って歌われたこのmele。それは、変わっていくふるさとへの郷愁のようなものではなく、ひとびとの主権(ka pono sivila a’o ke kanaka)をかけた戦いであったことがなにより重要で、この歌の今日的な意味もあるように思ったりします*******。本当の気持ちを大きな声で主張できなかった時代に、音楽とダンスで表明されたプロテストソング********。120年も前のことだと捉えるか、そんな歴史のうえにいまがあると考えるか……そんな問いかけを直球で受けているような気がしてならない、『Kaulana Na* Pua』なのでした。

composed by Ellen Wright Prendergast

*:ハワイ語の地名は、「そこに暮らす人」といった意味で用いられる場合があります。
**:19世紀なかばに議会制が始まって以来、度重なる法改正などによって、ハワイの王族は政治的な実権を失っていったとされます。
***:楽団員たちが辞めたあと、ハワイで活躍していたポルトガル人のバンドからメンバーを募り、サンフランシスコからもミュージシャンを呼び寄せるなどしてバンドを存続させたようです。
****:この歌の作者の娘、Eleanor Prendergastが1960年に語ったところによる。
*****:1893年に作られたメロディそのものは、その後、失われてしまっており、現在歌われる『Kaulana Na* Pua』は、1950年代になって作者の娘、Eleanor Prendergast がMaddy K.N.LamとMilla Leal Peterson Yapに曲を依頼してできたもの。『Kaulana~』という曲名もこのときに付けられたもののようです。ただし、後に発見された資料(1895年の出版物)によるAmy Stillmanの研究によると、新たにつけられたメロディはもとのそれと全く違うわけでもないようで、Stillmanは、Maddy Lamらが原曲を聴いて知っていたのではないかと推測しています。
******:楽曲を作るコンポーザーの意味で用いられる「haku」がこれにあたります。
*******:王政を廃して発足したハワイ共和国(1894-1898)では、財力のある白人に選挙権を限り、自国の市民権を失うことなく外国人に選挙権を認めるなど、合衆国併合派に有利な憲法が制定されていました。
********:これまで、『Kaulana Na* Pua』がフラとともに演奏されることはあまりなかったようですが、1894年にフラが踊られたという記録が残されていて(1894年2月1日、暫定政府の書類へのサインを拒否した1周年記念)、しかも「hula ku’i」という活気のある激しいスタイルだったようです(膝を深く落とし、太ももを叩いたり、ヒールをツイストさせたり、足をふみならしたりと、結構激しい印象)。ちなみに、そのときの曲名は『Mele 'Ai Pohaku』だったようですが、同年10月に女王の寄付でできた公園の完成記念式典(Uluhaimalama Park、Pauoa Valley)のときは、『Mele Aloha 'Aina』だったとされます。ハワイ語の新聞に歌詞が掲載されたときも、『He Inoa No Na Keiki O Ka Bana Lahui』(1893年3月25、Hawaiian Holomua紙)、 『He Lei No Na Poe Aloha Aina』(1893年5月10日、Ka Leo O Ka Lahui紙)と、その時々に異なるタイトルが掲げられていたようで、単なる間違いとか混乱ではないように思いたくなるところもあります(同じ歌だと悟られないため?)。なんにせよ、その内容もさることながら、平和な時代に発表されるのとは違う、ただならぬ時代の空気がうかがわれるエピソードではあります。

参考文献
1)Noyes MH: We will eat stones. Hawai’i chronicles-island history from the pages of Honolulu Magazine. Dye B ed., Honolulu, University of Hawai’i Press, 1996, pp191-195
2)Kanahele GS: Hawaiin music and musicians-an ilustrated history. University of Hawaii Press, 1979, pp335-344
3)Budnick R: Stolen kingdom-an American conspiracy. Honolulu, Aloha Press, 1992
4)Osorio JK: Dismembering lahui-a history of the Hawaiian nation to 1887.
Honolulu, University of Hawaii Press, 2002
5)Kanahele GS: Hawaiian music & Musicians-an encyclopedic history. Honolulu, Mutual Publishing, 2012, pp454-459
スポンサーサイト