Ku'u Pua I Paoakalani
 










 やさしい風がふわっとただよってきて、
 あっ!と気づいたのです。
 (それはまさしく)私が大切にしているあのお花、
 Paokalaniの丘に咲いているものでした。
 
 さぁっと視界が開けたときの気分を思わせる、さわやかで清々しいメロディが印象的な『Ku'u Pua I Paoakalani』。タイトルにある「Paokalani」は、このmeleの作者、Lili'uokalani女王の私邸があった場所。そして、そこに育つ女王の大切な花(ku'u pua)のことが歌われているわけですが、見慣れているはずのその花たちによって、「ある記憶がよみがえった」(ho'oha*li'ali'a mai)という彼女の思いに寄り添うために、この歌が作られた1895年のハワイ、および女王が置かれた境遇を考えあわせてみたいと思います。
 
 いつもは、Uluhaimalamaの山手に咲く花たちをみているのだけれど、
 Paokalaniのおだやかさで育まれたお花は、ほかにはない格別なものなのです。
  
 ここに登場するUluhaimalamaは、O’ahu島の南側、Pauoaの山手のパンチボールにもほど近い場所で、Lili'uokalani女王が自らの土地を植物園として提供したエリアがある場所。そして、そのUluhaimalamaの丘に育つ花たち(na* pua o ka uka o Uluhaimalama)の美しさをいつもみている('ike mau i ka nani o~)と歌われる背景には、この歌を作ったとき、Uluhaimalamaから届けられる花だけを楽しみに、日々、無為にやり過ごすしかなかったというLili'uokalani女王が置かれた過酷な状況があったりします。どういうことかというと……1895年1月からの8カ月間、新政府に対する謀反を主導した疑いで罪に問われた彼女は、'Iolani宮殿に閉じこめられていたんですね*。暫定政府のガードのもと宮殿を訪れるひともなく、届けられるものは、手紙も含めすべて検閲されるという生活を送っていた彼女に、かろうじて許されていたことのひとつが、Honolulu周辺に所有していた土地から花を届けてもらうことでした。そして、それはたいていPauoaのUluhaimalamaのものだったようですが、ある日のバスケットに、Paokalaniにある女王の私邸に育つ花が入っていた……という、そんなちょっとした出来事にこころ動かされて生まれたのがこの歌のようです**。囚われの身で家にも帰れず、届けられるお花を包む新聞だけが情報源という、なんともこころ細い日々を過ごしていた女王にとって、その花たちとの再会は、なつかしさに胸がいっぱいになるひとときだったに違いありません。
 
 その花の表情はホントにひっそりとしていて、
 Jetのような(品格のある)しなやかな眼差しが印象的。
 ピンク色の頬のような繊細な色合いもステキ……。
 そんな花が、Paoakalaniの丘には育っているのです。 
 
 (その花に寄せる)私の思いが、あなたにもわかるかしら。
 やさしい風がふわっとただよってきて、
 私がこころから待ち望んでいたものが届けられたって感じ。
 そしてそれは、Paokalaniの丘に育つ花なのです。
 
 繊細で(lahilahi)、その黒いまなざしのような部分にはjetの気品があり***、ピンクの頬のような色合いで……と、歌の後半では、夢見るような雰囲気をただよわせながら、Paokalaniから届けられた花の様子が語られます。そこまで美しいといわれたら、いったいなんの花なのかが気になるところですが、そんな受け手の思いを見すかすように、「私のその花に寄せる思いを」(ku'u aloha)、「さぁ、なんだと思うかしら」(nane 'ia mai ana)とほのめかすにとどめているあたりは、逆境にも負けない、Lili'uokalani女王のユーモアあふれるたくましさのあらわれなのかもしれません。というか、その思いがけない花との再会は、鬱々とした日々に、思いのほか希望の光を差し込んでくれたともいえるでしょうか……。
 このmeleでは、Paokalaniの花に焦点があてられていますが、当時、Uluhaimalamaにあったという植物園のほうも、実は単なる憩いの場という以上の意味合いのある場所でした。1894年、ハワイ王朝が議会の米国併合派によって崩壊した翌年に、Lili'uokalani女王のかけ声の元集まったハワイのネイティブのひとびとによって植樹されたのが、Uluhaimalamaの植物園だったからです。表向きには造園のためにひとびとがかり出されたわけですが、それは、女王に心を寄せるひとびとが集い、ネイティブハワイアンの希望を語り合いながら、そのシンボルとしての庭を造るという意義があったとされます。おそらく、体制側もそのことに気づいたのか、Uluhaimalamaはほどなく割譲され、一部は公園墓地になるなどして、植物園としての面影を残すことなく、100年以上もの間放置されて今日に至ります。
 そして、そんなUluhaimalamaを復興しようという動きが、近年になってあったりもするハワイ****。合衆国でありながら、そのルーツを取り戻そうとする試みは、地道に、でも確実に実を結びつつあるようです。

by Queen Lili'uokalani

*:Lili'uokalani女王は、古くからの友人であり使用人でもあったCharles Wilson(『Aloha 'Oe』が作られた事情を後に語ったほど女王に近しかった人物)を看守役に、その妻、Eveline Townsend Wilsonをたったひとりのお供として(土曜の夜と日曜日だけはMilania Ahiaに交代)、いっさいの外出を許されない生活を強いられていました(Charles Wilsonは、妻に女王との会話やその行動を報告させていたとされる)。また、女王に花を届ける役目を仰せつかっていた少年は、Wilson夫妻の息子であるJohnnyで、この歌は彼に捧げられたものだろうという説もあります(彼は後のHonolulu市長)。
**:女王の私邸は、Waiki*ki*のPaokalani 通りにあるHamohamo、現在はAla Wai golf courseがある、Ku*hio* Avenueの山側あたりにあったようです。
***:Jet(黒玉)は、海底で炭化した植物から得られる高価な宝石。ビクトリア女王の喪服に由来する、当時流行した黒い正装に欠かせないアクセサリーでもあったようです。
****:2009年に、Halau I Ka Wekiuによる植樹が行われたという新聞記事より。
http://the.honoluluadvertiser.com/article/2009/Oct/11/ln/hawaii910110368.html
合衆国併合に対するプロテストソングである『Kaulana Na* Pua』*を参加者で歌い、そこにかつて植えられたであろうハワイの固有種(lehua、kou、kukui、lauhala)や、女王のお気に入りだったpurple crown flowerなどが植えられたようです。
*Kaulana Na* Pua
http://hiroesogo.blog.fc2.com/blog-entry-372.html
 
参考文献
1)Gillett DK: The Queen's Songbook-Her Majesty Queen Lili'uokalani. Smith BB ed., pp60-65, 1999
2)Liliuokalani: Hawai’i's story by Hawai’i's queen. Honolulu, Mutual Publishing, pp289-594, 1990
 
スポンサーサイト