Mele O Kaho'olawe







 大切に思う島、Kaho'olaweは愛すべき存在。
 昔からその名はKanaloaと呼ばれもしていて、
 輝かしく神聖な場所(であるはずなのに)
 (いまは)ひとが住むこともない。
 (そこに)若者たちがやってきた。
 そう、その島を守るために……。

 大切に思う島(ku'u moku)、Kaho'olaweのことが、明るく軽やかなメロディにのせて歌われる『Mele O Kaho'olawe』。昔からKanaloaと呼ばれ(mai kinohi kou inoa 'o Kanaloa)、神聖な場所(kohemalamalama)であるにもかかわらず、なぜかひとが住んでいない(lau kanaka 'ole)……どう考えても、なんかわけありな感じがしますが、まずはこの島のことを、今日にいたる歴史も含めてざっくりたどってみたいと思います。
 Kaho’olawe島は、Maui島の南西7マイル(11km)、Lanai島の南東に位置し、広さは沖縄本島の10分の一ほどと、ハワイ諸島のおもな8島のなかでも最小の島*。その最高峰のPu’u Moaulanuiも450メートルほどで、対岸にみわたせる、Haleakala*(約3,000メートル)をいただくMaui島あたりに比べるとかなりこじんまりした印象。しかも、水資源が乏しいこともあって、昔からひとが多く住める場所ではなかったようです**。そんな、どちらかというと存在感のないKaho’olawe島が、古代にはKanaloa(ハワイの四大神のひとつ)と同じ名で呼ばれていたというのも不思議なはなしですが、少なくともこの小さな島は、ハワイのひとびとにとって、ハワイ的な世界観を構成するある重要な要素を象徴する場所だったものと考えられます***。また、この歌にある「神聖な場所でひとが住んでいない」(kohemalamalama lau kanaka 'ole)という描写からも、島全体がご神体であるような、原初の信仰みたいなものが感じられるように思ったりもします****。
 もっとも、現在、Kaho’olawe島にひとが近づけないのは、まったく別の事情からだったりします。まず、ハワイ各島の開発が進んだ時代には、Kaho’olawe島でも牧場経営が行われたのですが、多くの家畜たちが島の緑を食い尽くし、もともと雨が少ない島の荒廃がさらに進んでしまったといいます。そんな状況に追い打ちをかけたのが、1941年、第二次世界大戦を機に始まった島の軍事利用。米軍の訓練場にされたうえに、空爆の標的として爆弾が落とされ続けたんですね。戦後も長らくその状態が続きますが、島を守ろうという機運が徐々に高まり、1977年には島を占拠するといった実力行使をする運動家も現れ、社会的な関心が喚起されはじめます。そして、そのあたりのことが語られているのが、歌に登場する「若者たちが(島を)守ろうとしてやってきた」(hiki mai na* pua e ho'omalu mai)というくだりです。そうした長年にわたる粘り強い運動の末,やっと空爆訓練が廃止されたのは1990年のこと。その後、1993年になって米国議会が法律を制定,島は1994年にハワイ州の管轄下で保護地区となり、今日にいたります。
現在、島の再生をめざして、海軍による不発弾の撤去が行われてはいますが、島およびその周辺の海域(周辺2マイル)は、不発弾による健康および安全上の理由から立ち入りが禁止されています。唯一、保全活動に参加するボランティアとしては島にアクセスすることができ、島の浸食を防ぎ、植物を回復させ、水資源(地下水面)の確保や、外来種に追いやられたハワイ固有の植物種を復活させることなどが目指されているようです。

 ハワイのひとびとよ、ともに戦おう。
 太陽があらわれのぼり、沈んでいくまでずっと……。
 さぁみんな、しっかり意志をもって進むんだ、力強く。
 ぼくらは少数派ではあるけれど、
 大地を思う気持ちの大きさでは負けてないんだから。

 さぁみんな、しっかり立って(ku* pa’a)、力強く進むんだ(hahai ho*'ikaika)……。そんな感じで、このバースには、1970年代以降に盛り上がったという、Kaho’olawe島の環境保全を訴える運動の熱さをそのまま伝えるような、かなり勢い込んだ勇ましいことばが連なっています。それもそのはず、この歌の作者、Harry Kunihi Mitchellは、Kaho’olawe島をめぐる運動を率いたリーダーのひとりでした。彼の並々ならぬ情熱は、長年の活動の末に実を結ぶことになりますが、その過程で、彼は大きな代償を払ってもいます。というのも、彼の息子、Jame’s KImo Mitchell(National Park Service Ranger)が、この歌でも語られている1977年の抗議活動の最中に命を落としてしまったからです*****。この悲劇のあと、彼の息子も含め島を守ろうとした9人のメンバーをたたえ、ハワイのひとびと(La*hui Hawai'i)にともに力を合わせようと呼びかけたのが、この『Mele O Kaho'olawe』だったわけです。
 このときKaho’olawe島に上陸した9人のうち、8人はネイティブハワイン、ひとりはネイティブアメリカン(Karla Villalba)で、のちにメインランドで土地を奪われたネイティブの権利獲得のために戦った人物だったようです。まさに「ぼくらは少数派だけど」(kau li'i ma*kou)という歌詞の通りですが、「大地に寄せる思い」(ke aloha no ka 'a*ina)に突き動かされてのその行動にこころ動かされたのも、その多くは(ハワイにおいては)やはり彼らと同じネイティブハワイアンだったに違いありません。そう考えると、彼らが「ともに戦おう」と呼びかける「La*hui Hawai'i」(ハワイのひとびと)も、当然のことながら、ハワイのネイティブ(の価値観を大切にするひとびと)ということになると思われます******。

 ハワイの若者は誇り高く生きている。
 (正義を)追い求める戦いをハワイ王国(があったころの思い)とともに続けながら。
 大地にとっての正しさとはなにかについて、しっかり考えをもって。
 さぁみんな、(あきらめずに)進め!
 Kaho'olawe島の勝利(を信じて)。

 ハワイの若者は(na* pua o Hawai'i nei)、誇り高く生きている(hanohano)……ここまで読み進めてみると、「na* pua」と呼ばれているのは、そのことば通り、ハワイに生まれ育った花(pua)であるネイティブの若者だということがみえてきます。そして、彼らが誇り高くあるのは、いまも戦いを続けているからなんだと(no ke kaua kauholo)……。このとき、その戦いとともにあると語られる「ka aupuni」(政府、国家)は、ときに訳語を選びにくい微妙な内容を含むことばですが、ここで歌われているネイティブの側から考えると、この歌が作られた時代(1970年代)の政府や国家(合衆国)ではなく、(実態は変わっていったにせよ)なによりハワイのネイティブにとっての正義がまだ政治の場で争われていた、ハワイ王国を意味すると考えられます。それにしても、「Kaho'olaweの(戦いは)勝利する」(lanakila Kaho'olawe)と信じて、「前に進め!」(imua na* pua)とは、なんと力強く勇ましいことか……この歌が、戦いの歌以外のなにものでもないことがよくわかります。そして、そんな政治的内容を含む歌が、作られて40年以上を経て、ハワイのミュージシャンによって歌い継がれていることの意味を考えたくもなるんですね。祖先が生活の場であった土地を奪われ、母語をはじめ文化的伝統が失われていくなかで、民族的にも分断されてしまったひとびとにとっては、自らのアイデンティティを取り戻す契機にもなり得る、そんな深い部分でなにかを伝えるメッセージが、Kaho'olawe島への思いとして表現されているのではないかと……。いまもってなにもないKaho'olawe島ですが、この歌を口ずさむひとびとのこころなかでは、「ネイティブハワイアンの戦いの中心地」だったりするのかもしれない……なんてことを思いはじめた、『Mele O Kaho'olawe』なのでした。

*:全長11マイル(18km)、幅6マイル(9.7km)、広さ116.47平方キロメートル。
**:Kaho‘olawe島では、高度がないため北東からの貿易風による雲ができにくく、新鮮な水が不足しがちで(年間降雨量は65cm以下)、昔からそれほど多くの人間が暮らす島ではなかったようです。
***:Kanaloaは、Ka*ne、Ku*、Lonoと並ぶハワイの四大神のひとつ。ハワイの創世神話『The Kumulipo』では、世界に人間の領域「ao」があらわれ、神の領域「po*」と区別される時代(全16章のうち8番目に語られる)に、La’ila’i(女性)、Ka*ne(男神)、Ki’i(人間の男)とともに、「great octpus」(オオダコ?)として登場します。『The Kumulipo』では、「Ka-he’e-hauna-wela」(the evil-smelling squid、悪臭のするイカ)とも呼ばれ、ほかの神話や伝説などでも「squid」(イカ)のイメージで語られることが多いようです。たとえば、『Pele and Hi’iaka』などの著書があり、ハワイの多くの神話を研究したNathaniel Bright Emerson(1839-1915)の記録からは、Kanaloaはイカの神であり、病の治癒を祈願する対象であったこともうかがえます(Kanaloa, god of the squid, here is your sick man)。
 そんな、海の生物と重ね合わされるKanaloaは、漁師にとっての守り神的な存在ではあるものの、現在、イカ(squid)は、どちらかというと「aumakua」(家族の守り神的な存在)としては信仰されていなかったりします。そんなKanaloaの微妙さは、神的存在としての立ち位置が語られる際にも影響しているようで、ときにキリスト教における「devil」(悪魔)になぞらえられることもあったりします。さまざまな神話のなかで、よきものとしてのKa*neと対になる存在として語られるためですが、ざっくりまとめると、拮抗する二つの力が対立する物語の中で勝利するのがKa*ne、裏切りや死とともに地下の世界に送られるのがKanaloa……ということになるようです。
 Kanaloaは、神々によって人間が想像された時代にまで遡るハワイ人の祖先「Kumu-honua」の叙事詩にも登場する、「Hawai’i-loa」(古代にハワイの島々と南の島々との間を行き来したひとびと)のひとりだったりもします。この伝説のなかでのKanaloaは、大地が天から分かれた後にあらわれた、地上における「spirits」(精霊たち)の最初のリーダー。神々から吐かれてあらわれたというその精霊たちは、’awa(聖なる飲み物)を飲むことを許されず、Kanaloaに導かれて悪をなし、「Milu」という名でも知られる地下の世界においやられ、Kanaloaはその闇の世界で死者の支配者となる……みたいな、あらゆる有害な行いや、この世と対になる概念と結びついているのがKanaloaでもあります。
****:「Kanaloaとはなんなのか?」というところに、つい答えを求めたくなりますが、古代のハワイのひとびとにとってのKanaloaは、「what?」と問う以前にすでにある了解事項として存在していたはず。加えて、長い年月を経るなかで、それが象徴する意味内容も変わっていったはずで、その輪郭をたどるには、安易に定義づけして納得するのではなく、Kanaloaとして語られてきたことばを地道に拾い集める必要があると思われます。一方、Kaho'olawe島がその名で呼ばれてきたことに関しては、その島が特別に語るべき場所として存在してきたことそのもの、いいかえると、ハワイアンがハワイアンとして生きてきた歴史やアイデンティティの部分に深くかかわっていると思われることが、その意味内容とは別に重要なポイントではないかと考えます。
*****:このとき、彼のいとこのGeorge Jarrett Helm(ハワイアンのミュージシャン)も命を落としています。二人はKaho‘olawe島に上陸した後、悪天候のなか泳いで戻ろうとしたところ、もう少しでMaui島というところで海に飲み込まれたようです。
******:「La*hui」は、「nation」(国家)、「race」(民族)、「tribe」(部族)から、動植物の「species」(種)までを表すことば。この歌の最後のバースに登場する「aupuni」(government; 政府、kingdom; 王国、nation; 国家)に比べると、「民族」に代表されるような生物的なつながりを連想させることばです。

参考文献
1)Beckwith M: Hawaiian mythology. Honolulu, University of Hawaii Press, 1970, pp60-61
2)Rojas Eunice et al(ed.) : Sounds of resistance-the role of music in multicultural activism(2 volumes). Santa Barbara, Praeger, 2013, pp172-177
3)Regional Rhetorics-Real and Imagined Spaces (Rhetoric Society Quarterly). Jenny Rice ed.London, Routledge, 2014, pp66-67
(in Gegpry Clark : A child born of the land: the tetorical aesthetic of Hawaiian song. pp51-70)
スポンサーサイト