Waipi'o Pa*eaea







 Waipi'oの緑生い茂る大地には、
 豊かな水があふれんばかりにある。
 (そうして)大地に命が育まれるんだ。

 そこで僕が目にするのは、
 二つの対になった滝。
 そう、HakalaoaとHi'ilawe……。

 おだやかな大自然に包まれるここちよさが、ゆったりと連なるメロディラインでまるごと表現されているような、なんとも満ち足りたものを感じる『Waipi'o Pa*eaea』。Waipi'oは、Hawai’i島Ha*ma*kuaの最北部が、Kohala側にせり出しているあたりにある緑豊かな渓谷。その背後にそびえるKohalaの山々から集まった水が、海までの約6マイル(約10キロメートル弱)ほどの土地を刻みつつ流れ、豊かな水が育んだ美しい景観で知られる地域です。ハイキングコースとしても人気があり、なかでも、約440メートルの高さから流れ落ちるHi'ilaweの滝は観光客にも人気のスポット。それと対になって流れると歌われる「Hakalaoa」は、雨が降るなどして水量が多いときにだけ現れる滝のようです。

 愛すべき、いとおしい、
 ‘Umialiloaにゆかりがあるその土地は、
 (誰もが)いいなと思う、おだやかで(海のような)静けさに包まれたWaipi'o渓谷。

 この繰り返しの部分では、Waipi'oについて「’Umiali*loaにゆかりのある土地」(ka ‘a*ina o ‘Umiali*loa)であると歌われ、古代にハワイを治めた有力者が、Waipi‘oを拠点にした時代があったことがうかがわれます*。また、Waipi'o を描写することばとして選ばれている「pa*eaea」は「(海のような)おだやかさ」を表すこともあり、山側の土地でありながら、海を連想させるものがそこにありそうな予感もあります。なんだか、ほかのどこにもない、Waipi‘o独特のなにかがありそうですが、そのあたりのイメージを少しふくらませてみると……たとえば、海へ向かう水の流れがそこを起点にしているという意味で、Waipi'oには水のはじまりがあるともいえます。そして、その水が、生きとし生けるものの命の源であることを考え合わせると、あらゆる命の起源があるとされる、ハワイの創世神話『Kumulipo』で語られる海を思わせるところもあります。そんなふうに考えをめぐらせてみると、生命力あふれるその空間は、「誰もが愛する」(he aloha)ところであるとともに、その場所そのものが命を生み出す愛である、ともいえそうです。もしかすると、ここに登場する‘Umiali*loaが子宝に恵まれたチーフであったことも、愛(he aloha)とともに語られる、Waipi'oらしさのひとつだったりするのかもしれません。

 流れはよどみなく、足早にWailoaに向かう。
 Waima*、Kawainui、Ko'iawe、そしてAlakahiと。

 La*la*keaで泳いでみると、
 体がシャキッと刺激されるというか、
 ここちよい水で(体がめざめるよう)。

 「La*la*kea」はWaipi'o渓谷よりも上手にある自然の水流で、数マイル流れたところでHakalaoaとHi’ilaweの滝に分かれ、Waipi'o渓谷に流れ込むという位置関係にあります。そしてここでは、その流れをただ見るのではなく、その「ここちよい水」(i ka wai ‘olu'olu)にからだをあずけ、「ピリッと身が引き締まる」(ma*'e'ele)ときの清々しい感覚が表現されているようです。ここで重要だど思うのは、La*la*keaがWaipi'o渓谷の源流があるところで、そこにはホンモノの自然といってもいいものが、かろうじて残されているところではないかということ。そう、‘Umiali*loaにゆかりがあるその土地も、プランテーションの時代を経た今日にあっては、彼が生きた15世紀、kaloの水田が広がっていたころのWaipi'oではもはやないからです。こんなふうに、ハワイ各島の名高いチーフが歌詞に盛り込まれているのをよくみかけますが、それは決して単なる枕詞としてではなく、ときに歴史を振り返り、失われたものも含めた風景に思いを馳せるためなのかもしれない……なんてことを思ったりもします。
 Waipi'oに戻ると、いつも自分の体がまるごとよみがえるような感覚がある……作者のKuana Torresは、CDの歌詞にそんなコメントを添えています。そして、この歌には、彼がなんどとなく体感してきたWaipi'oを、彼が子どものころによく行った地名を盛り込みながら表現したとも記しています。いわば、その土地の精霊を知り尽くしたひとの思いが、美しく結晶化したともいえそうな『Waipi'o pa*eaea』。川の流れのようにしなやかで、自ずと形をなしたような素朴さがいとおしく思える一曲でした。

by Kuana Torres Kahele

*:Waipi’oは、’Umiali*loa(以下、’Umi)の父Liloaや祖父のKihaが居を構え、支配の拠点としたところ。もっとも、’Umi は、Liloaと彼が旅先で出会った美しい女性、’Akahikuleanaakapikoとの間に生まれており、母の地位が低かったこともあって、父、Liloaの存在を知らずに育ちます。成長した’Umiが自らLiloaのもとを訪れ親子であることを認められてからは、Waipi’oで父とともに暮らしたようですが、異母兄弟の兄、Hakauの時代になってからは、母の地位の低さをなじられるなどひどい扱いを受けるようになり、友人二人だけをお供にWaipioを離れることになります。そうして、Hiloで暮らし始めた’Umiは、そこで地域の有力なkahuna、Kaoleiokuという後ろ盾を得て、Hakau打倒に向けて準備をはじめます。
 Hakauはひどい暴君だったようで、Hakauの側近のなかにも、彼に愛想をつかしたものもいたようです。そんな事情もあって、Hakau側の聖職者、NunuとKakoleを味方につけ、Hakauに嘘の情報を流すことに成功。そうして、Hakau の軍勢が総出で鳥の羽を集めに山へ行ってしまったすきに(戦いの守り神、「Kauuila i ke Akua」を飾るために羽が必要だったようです)、防御が手薄になっていたHakauを殺すことに成功。’Umi は再びWaipioに戻り、支配者の地位を獲得します。
 もっとも、’Umi はWaipi’oには長く住まなかったようで、どちらかというと土地がやせていて実りもあまり期待できない人里離れたところに住んで、あらゆる地域からの貢ぎ物で生活したとされます。家来や貴族階級の強欲さをチェックするためだったのではないかという言い伝えがあったりするようですが、少なくとも、’Umiは兄のHakauとは違い、人道的でひとびとに愛されるチーフだったとされ、Waipi’oから離れても政治から遠のいたわけではなく、各地をまわって紛争をいましめ、公的な平安と勤勉さを奨励したとされます(彼がWaipi’oを離れたもうひとつの理由に、Konaの穏やかな海の、豊かな養魚場の近くに住みたかったのではないか?という話もあるようです)。
 'Umiの遺体は、彼の意志によりこっそり運ばれ、Puaahuku(Hi'ilaweの滝が流れ落ちる崖がある峰)にある洞窟に隠されたという伝説もあります。

※‘Umi-a-Liloaは「Liloaの息子である’Umi」という意味。
※’Umiの出自をテーマとするmele、『’Akahikuleanaakapiko』についてはこちら。
http://hiroesogo.blog.fc2.com/blog-entry-134.html
参考文献
1)Fornander A: Ancient history of the Hawaiian people to the times of Kamehameha I. Honolulu, Mutual Publishing, 1996, pp73-78, pp95-105
2)Kamakau SM: Ruling chiefs of Hawaii. Honolulu, Kamehameha Schools press, pp1-21, 1992
3)Kalakaua: The Legends and Myths of Hawaii. Tokyo, Chales E Tuttle, pp249-315, 1972
スポンサーサイト