Kaleohano







 誇り高き声(とこころの中で呼びかけてみる)……。
 そう、Kaleohanoほどあなたにふさわしい名はない(と思う)。
 私の愛する大切なふるさとである、
 Keaukahaこそが私のよりどころ。
 それはそれは、名高いまちなのです。

 大切なふるさとへの思いをかみしめながら、そのいとおしさを反芻するように歌われる『Kaleohano』。「私の大切な家(のような場所)」(ku'u home)が思い入れたっぷりに繰り返される一方で、ここでは具体的には多くが語られないKeaukaha。「Keaukahaといえば名高いところ」(kaulana ’o Keaukaha)とされるそのまちが、いったいどんなところなのかが気になるところですが、語らないというよりも、いくらでもあふれてくる思いを、感極まってうまくことばにできなかったんだろうか……と思わせるところもあったりします。そんな、喜びとも悲しみとも言えない微妙な感情の起伏に、その土地に縁(ゆかり)のあるひとにしかわからないなにかがあるのだろうか……なんてことを想像してみたくなるのですが、Keaukahaのまち以上に唐突に登場するKaleohanoという人物(?)のことも、安易に詮索するのはなにか違うような気もしつつ、まずは次を読み進めてみたいと思います。

 誇り高き声(とこころの中で呼びかけてみる)……。
 そう、Kaleohanoほどあなたにふさわしい名はない(と思う)。
 私がそこで生まれ育ち、
 いつかまた 永遠の眠りにつく場所でもあるのだけれど、
 (そんな思いで)海のほうをはるかに見わたすと(もう、胸がいっぱいになる)。
 (こうして、なぜだか)なにもかもが誇らしく思えてくる、Keaukahaなのです。

 このバースでは、「海のほうをみわたすと」(huli i ke kai)と歌われていて、海に面したまちであることがかろうじてうかがえるKeaukaha。文字通りの意味は「過ぎていく流れ」(the passing current)だったりするKeaukahaは,Hawai'i島の最高峰、Mauna Kea山の南側のすそ野にあり*,その沿岸は岩がちで、白砂と黒砂が混ざったHawai'i島独特の砂浜がみられる地域。海辺にはたくさんの入江や泉がわき出ており、海の生き物にとってはまたとない豊かな環境でもあります。その一方で、ひとが暮らすには自然から得られる資源は昔から限られていて、自然発生的に集落ができる土地柄ではなかったようです。そんなKeaukahaが、ネイティブの入植を促すための制度、「Hawaiian Homes Commission Act(HHCA)**のもと、ネイティブのコミュニティとしての歴史を歩み始めることになったのは、1924年のこと。3番目のHawaiian homesteadとして52人ではじまったKeaukahaのコミュニティは、翌年に89人、2年後に40家族が暮らすまちとなります。ですが、もともと豊かではなかったこともあって、同じように誕生したほかのまちと比べても、人口増加ははかばかしくなく、そんな状況を受けて、HHCAに対する懐疑的な声も聞かれるようになります***。それでも、厳しい自然環境にもめげずやせた溶岩の土地を耕し、自分たちのふるさととして誇れる場所に作り変えていった先祖たち。『Kaleohano』から響いてくる、風景から立ち上がってくるものたちへの深い共感は、「食べる」(’ai)ことを通してその大地(’a*ina)に根を下ろし、「kula*iwi」のもともとの意味通りそこに骨を埋めた先祖たちへの称賛や、感謝の気持ちが思わず表出されたものではないか……なんてことを思いながら訳してみました。

 Mauna Keaが、もういとおしく思えて仕方ない。
 そこは日が暮れるとひんやりと澄んだ空気に包まれる。
 じっと、しずかに耳を澄ましてみる。
 (不意におとずれる)風が運ぶメッセージに……。
 Keaukahaといえば、(ネイティブが根を下ろし生きてきた)誇り高きまちなのです。

 Keaukahaのまちを、静かに見守ってくれているMauna Kea。晴れた日には、そのいただきから続くなだらかなスロープが、はるかに見わたせたりもするKeaukahaですが、もともと溶岩が流れ、海にひやされてできた大地に暮らすひとびとにとってのMauna Keaは、遠くにながめるというよりも、その胸に抱かれるような感覚があったりするのかもしれません。そんな、まさに母なる大地に吹きわたる風は、ときに時空を超えたメッセージを運び、無心に耳を傾けるひとのもとへと届けてくれるのでしょうか……。こうして、歌詞をたどっていると、Keaukahaというまちに満ちている、その空気感が伝わってくるような気がしてくる『Kaleohano』。その一方で、いっこうにその輪郭がみえてこないKaleohanoなのですが、作者にとっては、Keaukahaを歌うことがすなわちそのひとそのものを語ることでもあるような、ネイティブの誇りに満ちた人物だったのではないか……と想像しています****。

by Louis Moon Kauakahi

*:Keaukahaは、Hawai'i島Hiloにある海沿いのまち。古代の地域区分ではWai'keaと呼ばれたahupua'aに含まれます。
**:Hawaiian Homes Commission Act(HHCA)は、1921年にできた法律による制度。王朝時代までは政府および王家のものだった土地は、併合にあたってハワイ共和国から合衆国に譲渡されましたが、その土地の一部を、ネイティブハワイアンのための入植地にすることがこの制度の目的。ネイティブハワイアン(応募条件としてはハワイアンの血が50%以上)は、99年リース、年間1ドルで、住居、牧畜、農業などの生業に土地を利用する権利を獲得できるというもので、入植地を整備するにあたってHHCAによる支援も行われるなど、法律によってネイティブハワイアンの利益を保証する役割を担ってきた制度です(ただし、制度そのものにはっきりとその目的は述べられていない)。ですが、HHCAをうまく利用して利益を得てきたネイティブ以外の事業者などもあり(おもに有力な砂糖関連の企業など)、必ずしもネイティブの権利を守ってきただけの制度ではないようです。
 1990年の統計では、該当する土地の62%が本来の目的とは違う仕方で使われる一方で、19,000人以上のネイティブが順番待ちの状況だったとか。それでも、HHCAが長年続けられてきたことにはなんらかの意義があると思われますが、その理念がつねに危うさとともにあり続けたという事実は、ネイティブハワイアンが、現代社会においてネイティブとして土地を手にすることにともなう、ある困難を示しているといえそうです。
***:ネイティブのために用意されたKeaukahaの土地は、そもそもだれも欲しくないところであり、「岩がちの土地にはなんの価値もなくネコも住めないところ。水もなければ植物も生えない」(Ka Hoku o Hawaii, September 7, 1926)といった批判的な見方もあったようです。
※Keaukahaの歴史について
http://www.keaukaha.org/history.html
※Keaukahaに演奏旅行で訪れたときの思い出を歌ったとされるLena Machadoの楽曲、『Kamalani O Keaukaha』(1934)からは、そこに暮らすひとびとの素朴な生活や温かさをうかがうことができます。
http://hiroesogo.blog.fc2.com/blog-entry-325.html
****:The Ma*kaha Sons of Ni'ihau (1976年結成)のメンバーだったSkippy Kamakawiwo'oleが、バンドメンバーのMoon Kauakahiに依頼して誕生したのが『Kaleohano』。KaleohanoとはKona出身のPinky Kaleohanoのことで、Skippyはギター(ki*ka*)をプレゼントしてくれた彼に感謝の気持ちを伝えたかったようです。この歌が収められているMaunaluaのアルバム『ho’okanaka』の歌詞カードより。
スポンサーサイト