Kaulana Kawaihae







 Kawaihaeといえば、
 ささやくような波の音で知られるところ。

 Kaulana ‘o Kawaihae
 I ke kai ha*wanawana

 (こうしていると)時空を超えた物語が聞こえてきそう(な気がする)。
 Puaka'ilima(にのって運ばれてくる、無数の声たちとともに)。

 E 'o*lelo mai kahiko mai
 O Puaka'ilima

 ささやくような波の音に身をゆだねながら、こころの奥底に響いてくる何ものかの声に、じっと耳を傾けている……そんな静かなひとときを思わせる『Kaulana Kawaihae』。冒頭の「kaulana ‘o Kawaihae i ke kai ha*wanawana」というフレーズは、ハワイ語の詩的表現やことわざを集めた『'O*lelo No'eau』(Pukui MK, 1983)にも掲載されていて、Kawaihaeといえば波の音が語るように聞こえると言いたくなるほど、おだやかな海で知られる場所であることがうかがえます。
 Kawaihaeは、Hawai’i島の北西側、Kohala地域の南部に位置し、東方向にKawaihae Rdを進むとWaimeaに通じるあたりにある港町。Kawaihaeといえば、なにはともあれ海のある風景なのだと思われますが、その特別な存在感がうかがえるのが、繰り返し歌われる波の固有名「Puaka'ilima」(’I’i JP, 2013)*。'Ilimaといえば、鮮やかなオレンジ色の、薄く繊細な花びらが印象的な花ですが、「海がささやくように(おだやか)」(i ke kai ha*wanawana)なことで知られるという描写も考え合わせると、ちらちらとゆれながら陽の光を反射したりするさまが、'ilimaの花弁を無数につないだleiを思わせる美しさだったりするのかもしれない……なんてことも想像されます。しかも波ですから、はじまりも終わりもないその心地よい繰り返しが、ひとのこころをどこか遠いところへ連れ去ってしまうようなことだってあるのかも……。そしてここでは、波にのせて「遠い昔から物語が聞こえてくる」(e 'o*lelo mai kahiko mai)と歌われるわけですが、移り変わるときのなかで、変わらず時を刻むようにただそこにある波には、個も時空も超えて積み重なっていく「大文字の記憶」みたいなものの断片が、無数に漂いながら共鳴し合っているのかもしれません。

 (このまちでは)Mauna Keaがはるかに見わたされ、
 堂々とそびえる山並み(が迫ってくる)。
 時空を超えた物語が聞こえてきそう(な気がするのは、そのせいだろうか……)。
 Puaka'ilima(にのって運ばれてくる、無数の声たちとともに)。

 E kilohi ia* Mauna Kea
 Kuahiwi ku* kilakila
 E 'o*lelo mai kahiko mai
 O Puaka'ilima

 Waimeaのまちの向こう側に、Hawai’i島最高峰のMauna Keaをいただく位置にあるKawaihae。その荘厳な眺めにじっと目を凝らしつつ(kilohi)聞こえてきた太古の物語といえば、凛とした気高さで白銀の世界に暮らす、雪の女神Poliauのエピソードでしょうか……。そんな、ときを越えて語り継がれる物語に加えて、変化の波がやって来るのも早かったであろう港町Kawaihaeには、欧米化が始まって以来の、Hawai’iの激動の時代が刻まれてもいるのではないかと想像されます。現に港湾の整備が行われ、昔(kahiko)とは海岸線の輪郭が違ってもいるKawaihae。それでも変わらないのは、あの心地よいPuaka'ilimaの波の音……。それを「遠い昔から語られ(届けられる」(e 'o*lelo mai kahiko mai)物語と呼んだひとのこころのなかには、失われたものたちへの郷愁、あるいはそれにつながりたいという、切なる願いがあったのではないか……なんてことを思ったりもします。

 この歌の思いをもう一度こころに響かせて。
堂々とそびえる山並み(が見守ってきたこの土地に)、
(こうしていると)時空を超えた物語が聞こえてきそう(な気がする)。
Puaka'ilima(にのって運ばれてくる、無数の声たちとともに)。

 Ha'ina mai ka puana
 Kuahiwi ku* kilakila
 E 'o*lelo mai kahiko mai
 O Puaka'ilima

 美しい山並みに見守られ(kuahiwi ku* kilakila)、太古の昔から、悠久の時を刻む波のしらべとともにあるKawaihae。海にも山にも開かれて、まるで自分が大いなるなにものかに抱かれ祝福されてもいるようなここちよさ……。ことば少なに語られるKawaihaeの風景を私なりに思い描きながら、だれもがそんなこころ穏やかな幸福感に包まれる、特別な場所なのではないかと想像しています。

by Kailihune Alama Na’ai

*:John Papa ‘I'iの記録には、「Kapuailima」と表記されています。

1)Pukui MK: 'O*lelo No'eau-Hawaiian proverbs & poetical sayings. Honolulu, Bishop Museum Press, 1983
2)’I’i JP: Fragments of Hawaiian history (Bernice Pauahi Bishop Museum Special Publication) Revised, Subsequent Edition. Honolulu, Bishop Museum Press, 2013, pp135
スポンサーサイト