Aloha No* Kala*kaua







 大切なお方なのです。
 誇り高く、
 ハワイの多くのひとびとが大切に思う、
 愛すべきKala*kaua王。

 I aloha 'ia, e ka mo*'i*
 Hanohano no* ia
 E ka lehulehu o Hawai'i
 Aloha no* Kala*kaua

 「E ka mo*'i*」(王さま!)と呼びかけられる、誇り高き(hanohano)ひとに対するあふれんばかりの思いが、ある種の懐かしさをともなって高らかに歌い上げられる『Aloha No* Kala*kaua』。Kala*kaua(1836-1891)といえば、1810年のKamehameha一世によるハワイ統一からはじまったハワイ王朝末期に、選ばれて7代目の王となったひと(在位は1874-1891)。おもに米国からやってきた宣教師たちをアドバイザーに、西洋近代の社会制度にならった統治を確立しようとしたハワイ王朝ですが、Kala*kaua王の時代には、もともと王族に重用されて政治力を持った米国の宣教師たちが、子孫たちの代になってその多くが王族に対する思い入れを失っていたころ。なかには企業家として、経済のみならず政治的な力を発揮する者も登場し、合衆国併合をもくろむ政治的なかけひきが行われるようになってもいました。そんな時代状況にあって、併合派の後ろ盾のもと、選挙で王になったのがKala*kaua王でした。一方、伝統的なハワイの暮らしが失われるなか、苦しい生活を強いられていたネイティブのひとびとに支持されたのが、Kamehameha一世の血筋を受け継ぎ、王位継承者と目されていたEmmma女王*。Kala*kauaが王位を獲得した直後には、Emmma派による暴動も起きていることを考えると、「ハワイの多くのひとびとによって」(eka lehulehu o Hawai'i)とハワイ語で歌われるのはちょっと不思議な気もしますが、それでも「Kala*kauaは愛すべき王」(Aloha no* Kala*kaua)であるそのわけが、次のバース以降で語られていきます。

 王はある命令をくだしたのです。
 フラを復興するようにと。
 それはネイティブのためのフラを(取り戻すことにほかならなかった)。
 (このことを思うと)やむことのない胸の高鳴りを覚えるのです。

 Kauoha 'o ia, e ke ali'i
 I ka ho'iho'i o ka hula
 A'o ka hula no ka 'o*iwi
 Konikoni pau'ole i ka pu'uwai

 「フラの復興を」(i ka ho'iho'i o ka hula)命じたKala*kaua……このバースには、キリスト教化の過程で、野蛮な異教徒の風習として宣教師たちが蔑み敵視した、hulaをはじめとするハワイの伝統文化を蘇らせようという、Kala*kaua王のある意志を持ったふるまいが語られています**。
 Hulaをめぐる彼の具体的な行動をたどってみると、まず、1883年に自らの「poni mo*'i*」(戴冠式)を行い、王妃のKapiolani女王ともども贅を凝らした王冠を披露するとともに、伝統的な王族の装束に身を包み、盛大なセレモニーを執り行います***。そして、その祝宴で華々し催されたのが、1週間にわたって繰り広げられたというhulaのパフォーマンスでした。自らの権力を誇示するにとどまらず、それを担保するものとして、太古にまでさかのぼる王族としての系譜を誇示しようとした彼の態度は****、ハワイの伝統に回帰しようという王の意図を決定的に印象付け、宣教師をはじめとする合衆国併合派が、Kala*kaua王に「無能な王」というレッテルをはる結果となります。
 この戴冠式については、hulaをはじめ内容的に問題ありとされたプログラムを作った人物が罪に問われてもいて、王国挙げてのセレモニーであるどころか、同じ群島に暮らしながら利害を異にする者同士の隔たりを、より先鋭化させてしまった大事件であったことがうかがえます。にもかかわらず、その3年後の1886年には、Kala*kaua王の50歳の誕生日を祝う式典が行われ、その11日間にわたる大レセプションでも、戴冠式同様、hulaのステージが華々しく繰り広げられました。いずれのレセプションでも、多くのネイティブのひとびとが招待されたといい、ネイティブのひとびとの支持を得ようとするKala*kaua王の思惑もうかがえます。その一方で、もはやKala*kaua王は自分たちの利益にならないと考えるようになったhaole勢力が、王を排斥すべく強硬手段に出ます。そうして1887年に制定された新たな憲法、Bayonet Constitution(銃剣憲法)によって、Kala*kaua王は実質的な政治権力を失うことになったのでした。

 そうして私は、突然ある思いに打たれたような気分になる。
 (たとえばそれは)雨のなか踊るHi'iaka(がよみがえるような感覚で)
 Kanilehuaのやわらかなミスト(に包まれた彼女の生命力でもあり)、
 王がつないだ泉の水脈で、(ハワイを命の水で)うるおし、よみがえらせるのです。

 Hui
 Uluhia wau i ka hali'a
 'O Hi'iaka ha'a i ka ua
 'O ka ua noenoe o kanilehua
 Ho'opulu i ka pu*n*awai a ke ali'i

 突然、まるで雷にでも打たれたように、ある思いに捕らえられた私(uluhia wau i ka hali'a)……このバースでは、ここではないどこか遠くから、あるいは太古の昔から響いてくるあるささやきとともに、さぁっと視界が開かれたような、そんな特別な体験が語られているようです。イメージされているのは、人間の女性、Ho*poeからhulaを習ったとされる神、Hi'iakaの姿で、彼女は「雨の中、腰を低く落として踊る」(ha'a i ka ua)と歌われます。Hulaのはじまりを語るとされる神話のなかのエピソードが、その舞台であるHawai'i島Hiloの地に降る、kanilehuaの雨とともに描写されているわけですね。そして、この祝福の雨は、チーフ、すなわちKala*kaua王によって(a ke ali'i)つながった水脈であり(ka pu*n*awai)それによってうるおされる大地は(ho'opulu)、ふたたび古来からの伝統、hulaに象徴されるハワイのひとびとのこころを取り戻すことにつながった……こんなふうに、Kala*kaua王の功績が詩的に表現されているわけですが、それが、先のバースで語られたように「やむことのない胸の高鳴りとともに」(konikoni pau'ole i ka pu'uwai)思い起こされるのは、それがとりもなおさず、ネイティブであることの誇りと尊厳を取り戻すことであったからではないかと考えられます。

 こんな気分になるのははじめてなのだけれど、
 あなたさまのそばで、フラを踊らせていただきたいと切に願わずにはいられない。
 感謝の気持ちを捧げたいと思う、偉大なハワイのリーダー(であるあなた)に向けて。
 Kala*kauaさまは、愛すべき王なのです。

 'Akahi no* wau ke nonoi
 E hula ana ma kou alo
 Mahalo wale, e ke ali'i
 Aloha no* Kala*kaua

 米国との結びつきを強めることで、Hawai'iの経済を活性化すべく政策を押し進めたKala*kaua。島々が経済的に潤うことが、haoleのみならずネイティブのためにもなるという算段があったにせよ、彼の時代に島の開発が進み、多くの土地が米国資本の手に渡ったことは、ネイティブのひとびとにとって、いまも大いなる負の遺産であることは否定しがたい事実。そんなKala*kauaではありますが、hulaを復興しいまにつなげるきっかけを作ったことは賞賛に値する(mahalo wale)……そうして、彼にhulaを捧げたいという気持ちがむくむくっと沸き上がってきたと締めくくられる『Aloha No* Kala*kaua』。「そんなふうに思うのは初めて」('akahi no* wau)と歌われるところをみると、あらためて彼のことを思い起こすことになった、なにかきっかけみたいなものがあったのかもしれませんし、少なくとも彼の行いには、ハワイのひとびとがいまあらためて考え直すべきなにかがあるのではないかと思ったりもします。
 この作品ではKala*kaua王のhulaにまつわるトピックだけが語られていますが、文化的なところでは、門外不出だったハワイの創世神話『Kumulipo』のテキストを出版(1889年)したことも、彼の大きな功績のひとつだったりします。Hulaを愛したことから「Merry Monarch」(陽気な王様)とも呼ばれるKala*kaua王ですが、hulaの復興を目指すことが政治的な意味合いを持っていたように、『Kumulipo』を広く世界に向けて発信しようとしたことも、実は王権の正当性を示すためであったことを、こころにとどめておきたいと思います。

Words & music by Amy Hanaiali'i Gilliom

参考文献
1)Silva NK: Aloha Betrayed-native Hawaiian resistance to American colonialism. Durham, Duke University Press, 2004, pp87-122

Kala*kaua王の戴冠式についてはこちら
『Mai Italia Ko* Lei Nani』
http://hiroesogo.blog.fc2.com/blog-entry-418.html

*:Kala*kauaよりも血筋的にはKamehameha一世に近く、ネイティブにも人気があったQueen EmmaがKala*kauaに王位を譲る結果になったのは、Kala*kaua が土地の取得や税制面での優遇など、サトウキビのプランテーションを振興すべく政策転換したことで、米国派であるhaole勢力を味方につけたことが背景にあります。
**:キリスト教化が進んだ1820年代以降、みだらな異教の文化として排斥の対象となったhulaは、1827年には早くも法律で禁止されていました。
***:戴冠式でのKala*kaua王は、伝統的に支配階級の王族に許された「lei niho palaoa」(クジラの歯の首飾り)や「'ahu'ula」(赤い羽根のマント)を身につけ、王族の印である「ka*hili」を高く掲げてもいたようです。そんなハワイ古来の様式美とともに西洋の王冠が登場したこと自体が奇妙だったりしますが、戴冠式後、王冠は二度と身につけられることがなかったと聞くと、結局すべてはハワイの伝統を復活させるための方便だったのかもしれない……という印象もなくはありません。
****:なぜ、それほどまでにhulaが問題になったのか、逆にいえば、万難をものともせずKala*kakua王がhulaを取り上げたのはなぜなのか……。このあたりを理解するためには、ハワイのひとびとにとってのhula、および当時の政治的状況を考慮する必要があります。戴冠式でhulaを披露することの意義は、なにより王族の系譜をたたえ、その礎がAkua(神的存在)につながっているという信仰を再確認することにありました。一方、hulaを大々的に取り上げたことをhaole勢力が問題視したことは、彼らが伝統的な王朝を頂点とする政治体制を認めないことの表明であり、単に性的な内容を含むことがモラルに反するといったことではなく、問題の核心はきわめて政治的なものであったと考えられます。
スポンサーサイト